ここが取手校のいいところ | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2020年 7月 27日 ここが取手校のいいところ

皆さんこんばんは

担任助手2年の中村嶺介です。

最近、取手校の方々からの

チビいじりが激しさを増しています。

背を伸ばす手術というのがあるのですが、

冗談半分でやってみようかなといったところ

藤原さんに

「嶺介が背大きくなったらアイデンティティがなくなる」的なことを言われました・・・笑

そんなアイデンティティはいらねぇよ!!!

 

さて、今日のテーマですが

「取手校のいいところ」です。

鶴間にきのうたくさん言われてしまったので

何を書こうか迷いましたが、

僕が思う取手校のいいところは

①生徒と担任助手の距離が近く、アットホーム

②いろいろなレベルの担任助手がいる

だと思っています!

①生徒と担任助手の距離が近く、アットホーム

これは鶴間さんと被るのですが、

かぶっても書きたくなるくらいです。

取手校は東京の校舎や柏校と比べると人数が少なく

小規模な校舎となっています。

しかし、その分生徒一人一人としっかりコミュニケーションを

取ることができ、アットホームで通いやすい

校舎の雰囲気というのがいいところの一つだと思います!

 

②いろいろなレベルの担任助手

東進ハイスクールの強みとして

「生徒一人一人に担任助手がつくこと」があるのですが、

取手校ではいろいろなレベルの担任助手がいます。

難関国公立大の人もいれば、日東駒専レベルの人もいます。

一見、担任助手全員が難関大学のほうが良いと思われがちなのですが、

生徒の中には明青立法中を目指す人や、日東駒専を目指す人もいます。

様々なレベルの担任助手がいることによって

どのレベルの大学を目指す生徒の

悩みや相談にも対応できるようにしています。

 

僕が考える取手校のいいところは

こんな感じです!

 

明日のブロガーは

鈴木さ

です!お楽しみに!