なぜ担任助手になろうと思ったのか~鶴間花乃 | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2021年 11月 3日 なぜ担任助手になろうと思ったのか~鶴間花乃

 

こんにちは!

鶴間花乃です^^

 

姉です、と

端的に紹介されたのが

面白くて笑ってしまいました笑

 

今日のテーマも

なぜ担任助手になろうと

思ったのか

ということで、

書いていきたいと

思います。

 

 

ずばり言うと

夢のため

ということに

なるんですかね?笑

 

ちょっと大げさだったかも

しれないのですが、

高校3年生の

はじめくらいに

私には夢ができました。

 

それは、

人生のターニングポイントに

携わる職業に

就くことです。

 

あることがきっかけで

志すようになったのですが、

その職業があることは

母や担任の先生に聞くまで

知りませんでした。

 

そんな夢を持ちつつ

東進で勉強をしていたら、

ある日

大好きな担当の

担任助手の方に

「担任助手になることに

興味はないか」

という旨のお話を

受けました。

 

その担任助手の方は、

初めの頃

すごく内気だった私にも

明るく、且つ真剣に

接してくれて

尊敬する人だったので

そんな人の立場である

「担任助手」に

当然興味が湧きました。

 

しかし、

どうしても私は

自分に自信がありませんでした。

 

学力もそうですが、

初対面の人や

慣れない環境には

臆してしまう性格が特に

「自分に務まるのか」と思う

要因の中で大きいものでした。

 

また、大学受験は

人生を大きく左右します、

そんな大事な時間を

少しでも私に預けてくれる、

そんな人に対して

全うな責任感を

もてるのかどうかも

不安でした。

 

こんなにネガティブ要素があるのに

私は今こうして

このブログを書いています。

 

先述の通り、

私には当時から

人生のターニングポイントに

携わる職業に就きたいという

夢があります。

 

志望理由書というものを

渡してもらい

色々と考えることがあったのですが、

もしその職業に就けたとして、

自分が社会人になっていきなり

責任感のある人間になれ、

と言われても

無理だろうなあということを

一番に思いました。

 

だから、

自分の力を発揮するためではなく

自分が成長するために

担任助手になろう

と決意しました。

 

いつか必ず必要な力で

今持っていない力があれば、

それを修得できるように

努力しなければならないし、

サボったら一生身につけられません。

 

サボりたくないなあ

と思ったんですよね。

 

しかも、

知っている担任助手の方と

一緒に働けるし

お世話になった校舎に

恩返しができるかもしれない、と

なんだか急に

ポジティブになれました。

 

基本単純なので、

その後も

担任助手として

立派に働けるように

より一層勉強を頑張りました。

 

今は、勇気を出して

担任助手になって、

本当に良かったなあと

思っています。

普通の大学生が

出来ない経験を

沢山してきましたし、

コミュニケーション能力や

責任感という部分において

自信がつきました。

 

こう思えるのも

生徒の皆さんや保護者様、

一緒に働く担任助手、校舎長、

全ての方のお陰です。

 

これからも頑張ります!

皆さん本当に

いつもありがとうございます。

 

さてこの辺で

ブログは終わっていこうかと

思います。

 

明日は

私が大学1年生のときに

担当していた担任助手です。

ややこしい表現ですね笑

 

 

お楽しみに^^