全国統一高校生テストのいいところ | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2020年 10月 5日 全国統一高校生テストのいいところ

rintf(“Hello World\n”);

 

Hello Students!

 

 

どうも、こんにちは!

 

前回ブロガーと実は幼稚園が一緒だった

関谷です

 

 

懐かしいですね、あの時は

無我夢中で遊んでいましたね

 

当時はウルトラマンに始まるヒーローものが好きで

真似をしてじゃれ合って

喧嘩にまで発展したこともありました・・・

 

ちなみに、東進生時代、

当時よく遊んでいた3人組(?)がいつのまにか東進に集結していたんです。

まさかここで再会するとは思いませんでしたね、、、

 

 

 

思い出話はこの辺で・・・

 

ガラッと変わって今日のテーマは

 

 

全国統一高校生テストのいいところ

です

 

 

全統まであと3週間を切りました。

みなさん、心の準備はできていますか?

 

・・・といっても、普段から模試を受けてる人は

心の準備よりしっかり勉強!という感じかもしれませんね

 

全統は年に2度しかありません。

つまり、めったにない機会ということです。

その分、普段の東進模試とは違った

いいところがあります

 

なんといっても「無料」であることは

大きなメリットですよね。

(知らなかった人・・・最後まで絶対読んでね!)

ここでは、それ以外の

自分が思う全統の良さをいくつか紹介します

 

まず、個人個人に配布される診断レポート「帳票」の充実度です。

全統は、

当日に問題を解き、その結果を見て復習する

・・・だけでは語れません。

充実したフィードバック(帳票)があります。

偏差値、判定だけでなく、細部にわたった結果分析と

今後の学習につながるアドバイスなども含まれます

 

自分も何度か受けていますが、

棒グラフで表された得点推移がかなり参考になりましたね。

次につなげることに重視した帳票、というイメージです

 

さらに、担任助手による「帳票返却面談」を通して、

自分の実力、現状への理解を一層深めることができます

 

 

次に、

東進生だけじゃない

というのも長所だと思います

 

全統は東進生でない一般生も受けることができます。

これの何が良いかというと、

 

一般生

東進生に入っている志高い生徒と

普段よりもレベルの高い模試を受けられる

 

東進生

一般生を含めたより大きい母集団の中で受験することで

より最適な結果、分析が反映される

 

と、お互いにメリットがあるのです

 

 

加えて、両者にも「実力講師陣」による

分かりやすい解説授業がついてきます

 

細部まで分析された内容豊富の解説を視聴することで、

次の学習をより効率的にすることができます。

中には、東進に通っていない人でも知っているような(?)

知名度の高い先生の授業も見られるかも・・・

 

で、

 

これが無料なんです・・・!(しつこい?)

 

 

さて、全統のメリットを伝えてきました。

東進生の締め切りは10/14(水)ですが

一般生の締め切りは10/22(木)

です。

申し込んだ東進生は

日々の学習を怠らず進めつつ、

全統への意識をしていきましょう!

 

そして・・・

もしかすると、このブログを読んでいる中に

東進に入っていない方がいるかもしれません

 

この機会に学力を伸ばしたい!と思った高校生は

学年問わず、ぜひ

「全国統一高校生テスト」に申し込んでみてください!!

 

 

では、今日のブログはこの辺で!

 

 

 

さて、

次回のブロガーは、

 

最近結構ブログに出没してそうな

あの人!

 

実は・・・

幼稚園が・・・

一緒だったんです・・・・ッ!

 

誰でしょうね~~???

 

 

ではまた!