受験で一番つらかったこと | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県 東進ハイスクール取手校|茨城県

2021年 10月 11日 受験で一番つらかったこと

 

こんにちは!

平塚です!

最近秋の花粉が

飛び過ぎですね~

辛いです、、、

みなさんも花粉症は

どうしようもない感じもありますが

体調管理しっかり

行っていきましょう!

 

今日は受験で一番つらかったことを

書いていきます!

 

私が受験生で一番つらかったのは

2月くらいです。

なんでかっていうと

私立受験で思うように

結果が出ず、

もしかしたら大学に行けないかもと

とても不安になりました。

私が受けた大学は

センター利用1校、

一般で3校、

今通っている

国立看護大学校、

第一志望だった

千葉県立保健医療大学を

受けました。

結果は

私立は1校普通に合格し、

1校補欠合格、

2高不合格、

国立看護大学校と

千葉県立保健医療大学に

合格しました。

滑り止めと本命!

と思っていた大学に

3日連続で合格通知が来ず、

心が折れかけました。

結果良ければという事ですが

その時はほんっとうに

辛かったです。

東進から家に帰る時

受付で担任助手に

最近どう?と聞かれ

話そうとしたら

号泣するくらい

心は折れていました。

 

あと、私は国公立志望で

頑張っていたのですが

私立志望の人が

どんどん受験を終えて行き、

ずっと頑張り続けるのが

きつかったなあと言う感じでした。

私は高3の時学校で3人組で

仲がよかったのですが

2人が私立で先に終わって

遊びに行ったりしているのを見て

いいな~と思っていました。

私が受験終わった後の

遊びの計画を

立ててくれていたのですが

当時はそんなこと

知りもしないので

辛かったです。(笑)

 

どちらも乗り越えられたのは

一緒に勉強してきた友達と

励まし合い、

東進の担任助手、

保護者、

学校の担任に

私は受かる!

と言ってきてもらえたからだと思います。

みなさんも応援される人で

居てほしいなと思います。

 

というわけで

構成が非常に

へたくそですが

この辺で終えましょう。

明日のブログは

頼れる後輩!

です^^

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!