受験で一番辛かったこと | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2021年 10月 17日 受験で一番辛かったこと

受験本番の時期に辛そうにしていた沖田です

今日は受験で辛かったことを書いていくわけなんですが

昨日の藤原さんの紹介

ほぼ結論を書いていますね

受験が進んでいくにつれて

暗くなっていった

と以前笹田にいわれたことがあります

 

事実

僕が受験で一番辛かったのは

受験本番が始まってから

の時期ですね

この話は

以前もしたと思いますが

僕の受験結果は散々な

感じで

毎日のように

不合格通知を

見るといった感じ

でした

第一志望校に不合格になっても

なおも

勉強し続けなくてはならず

ひたすらに

辛かったのを

明確に覚えています

 

 

以前の人も同じようなことを

言っていましたが

僕も

受験勉強で

あまり辛いといった

記憶がありません

受験勉強を通じて

新しいことを

知れるし

新しい

東進コンテンツが

開講されて

実際にやってみるのは

とても楽しかったし

色んな大学の

問題を見るのも

楽しかったです

 

本当に自分が行きたい大学が

あったからこそ

頑張れたのではないのかな

と思っています

 

 

大学生になって

1つの事に

集中するのでは

なく

色々なことを

マルチで

やるようになってきたように

感じます

 

 

受験という

1つの事に

集中して取り組むのも

残り半年弱

しかありません

受験生は

受験が終わったときに

合否に関わらず

今の生活に

本当に

満足が出来ると

胸を張って

言えるような

生活を

送って欲しいな

個人的には

考えています

 

 

 

 

明日のブロガーは

僕が最初にブログを書いた日の

次の日に

ブログを書いた人です

あの時は

骨折してました

 

 


最新記事一覧

過去の記事