受験で1番辛かったこと | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2021年 10月 21日 受験で1番辛かったこと

 

こんにちは!

担任助手1年の向笠です。

最近、よく松本さんと

大学で出会います!

道を歩いているところだったり、

学食でごはんを選んでいるところだったり…

この前は、大学で会った後

東進でも会ってびっくりしました(笑)

世界は狭いですね~

 

 

 

ということで!

今日も

受験で1番辛かったこと

について

書いていきたいと思います!

といっても、

受験生活をしていて

辛いなあと思ったことはあったと

思うのですが、なぜ辛かったのかは

結構忘れてしまいました。(笑)

まだ1年経ってないよと

思うかもしれませんが、

辛い事は早く忘れたほうが

いいですよね!

 

だから受験生活が終わりかけの時の

辛かったことをかこうと思います~

 

ずばり

前期試験が終わってから

合格発表までの期間

かなあと思います。

 

このどうしようもない不安な期間が

辛かったです!

というのも、まず私は前期試験が

終わった後、

ただでさえ数学が全然できなかったのに

物理でやばいミス

をしたことに気づき

かなりショックを受けました。

ちなみにどんなミスかというと、

全部2倍すれば合ってたものを

2倍し忘れるというミスです。

しかも物理は最初の方の問題を

間違えると、その後もほとんど

答えがずれてしまうので、

悲惨でした。

だから前期試験が終わった後は

ショックすぎて

その後落ちたときよりも泣いたし、

その後2日くらいは、

後期試験があるのにも関わらず

勉強できませんでした。

少し気持ちを切り替えられて

後期に向けて勉強を始めても、

もしかしたら奇跡的に受かってるかも!

とか、自分の予想得点と去年の合格最低点を

比べたりとかして、

あまり集中できていませんでした。

 

しかも、

東進の当時の高3生がほとんど

いなくなり、合格した人が写真を撮ってたり

したのを見て、うらやましかったし

心の中でちょっと

キレてました(ごめんなさい笑)

でも、後期試験の勉強も多分落ちてるから

しないといけないし、、、という感じでした。

 

もやもやした感じが本当に嫌だったので、

合格発表で落ちたとわかった時は

まあ辛かったのですが、

結果がわかりすっきりして、

すぐに勉強に取り組む事ができました。

私は後期も同じ大学に出願していたので、

むしろ2回チャンスがあるんなんて

なんて幸運なんだと思ったり、

まだ可能性があるのに

なんで落ち込んでたんだろう、

早く勉強しなければと

思ったりして、

急にポジティブ人間になりました。

親や学校の先生や担任助手の方たちに

励ましてもらったのも

大きかったです。

その勢いで後期試験を受けたら

受かることができました。笑

 

 

これが、私の辛かった時から

ポジティブシンキングになるまで

の流れです。

 

やはり、辛い事があってもそのことを

引きずっていると本当にいいことが無いし

無駄に悩む時間が増えてもったいないので、

無理やりでも前向きな気持ちに

なった方がいいと思います!

その方が勉強の面でも健康の面でも

絶対いいです。

 

こんなかんじで

今日は終わりにしたいと思います。

最後まで読んで下さりありがとうございました!

明日はのブロガーは!

・高校の同じコースの先輩

・忙しそう

・大人っぽく憧れる!

 

なあの方です。お楽しみに^^

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事