受験時代のこの時期 | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2020年 10月 15日 受験時代のこの時期

どうもおはこんばんにちは!

最近パソコンが壊れた藤原壮志です。

 

まだ使い始めてから1年もたっていないのにですよ。

まあ、そのおかげでぎりぎり無料保証で新しいものと

交換することができたんですけど、

事件が発生しました。

 

新しいやつも壊れている問題。

 

常にスピーカーからザ~と音が出ていてうざいです。

 

まじ。

 

仏の藤原も動きますよ。まじ。

 

ってな感じで、、、

今日のテーマは

 

“受験時代のこの時期”

 

ということで書いていきたいと思います。

 

自分はこの時期は国語に焦っていたイメージがあります。

なぜって?

 

ここまでずっとさぼってきたからさ☆

 

理系だからと高3の前半に理科と数学に時間使いまくって

この時期は国語が壊滅状態でした。

 

具体的に言うと、

8月の模試で

現代文64点、古文6点、漢文7点。

 

国立志望だったのでさすがにヤバいと思い、

毎日1時間は触れようと意識して

隙間時間を見つけては頑張ってましたね。

わからない古文単語や句法はひたすら書きまくって

次の日に覚えているかの確認を繰り返してました。

 

現代文も安定して高い点を取るために

単元ジャンルや大門分野別で毎日触れていました。

 

そのおかげか、

本番では現代文8割、古典で6割取ることができました。

 

現代文は運ゲーという人もいますが、

そんなことないです。

ちゃんと対策すれば高得点も狙えます。

 

俺みたいに苦手科目ほったらかしにしている人、

今からやらないと間に合わなくなります。

毎日継続して本番までに克服しよう!

 

明日のブロガーは、、、

①来年も担任助手続けてほしい。

②毎週のようにラーメン食べに行ってる

③おごろうと思うんだけどおごる前にもう食券買っちゃってる

④今度は先輩らしいことしたい

 

あの人です。

明日もお楽しみに~