受験期で後悔していること | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県

ブログ

2022年 8月 10日 受験期で後悔していること

こんにちは!

 

サッカー好きの松本直也です!

 

今年はワールドカップイヤーなので

今から楽しみです笑

 

さて今回のテーマは

 

 

受験期で後悔していること

 

 

です

 

 

(ネガティブになること間違いなし…)

 

 

今回はちょうど夏休み中なので、

夏休みの過ごし方で後悔していること

を書いていこうかなと思います。

 

 

僕が夏休みで後悔していること…

 

それは

 

1日15時間勉強をできなかったこと

 

です。

 

 

僕が受験生だった去年は、

東進は8:00から20:30まで

開いていました。

開館登校・閉館下校したとしても

東進での勉強時間は12時間30分なので

1日15時間勉強をするには、

家でも勉強をしなければいけませんでした。

 

しかし、当時の僕は、

閉館下校や家での勉強はできていたものの、

開館登校ができない日が多く、

1日15時間なんてほど遠い夏休みを

過ごしてしまいました。

 

夏休みが終わったとき、

満足のいく夏休みではなかった

と思いましたし、

もっとできたんじゃないか

と後悔しました。

 

夏休みは

受験生にとって非常に重要な時期です。

夏休みは、

日数は短いですが、

自分の勉強をできる時間は多くあって、

一年間の勉強時間の中でも

かなりの割合を占めます。

 

そのため、

この夏休みの過ごし方次第では、

周りの受験生と差をつけることもできるし、

逆に差をつけられることもある

ということだったと思います。

 

 

 

現在、取手校の生徒の中でも、

開館登校閉館下校だけでなく、

朝早く起きて勉強したり、

下校した後家でも勉強したりして、

1日15時間勉強を達成するために

最大限努力できている人がいます。

 

今年の東進取手校の

夏休みの開館時間は

8:00~21:00

(13時間)です。

例えば、

東進以外でも勉強して

1日15時間勉強を

夏休み40日間続けた人と、

東進だけで

1日13時間勉強を

40日間続けた人では、

1日当たり2時間

夏休みが終わるころには、

80時間の差がついていることになります。

 

皆さん

80時間あったら何ができるか

考えてみてください。

その時間を失っていると思うと

もったいないですよね。

 

今のあなたは、

受験が終わったときに

後悔しない時間の使い方を

できていますか。

 

自分に問いかけてみてください!

 

そして、最大限の努力で、

悔いのない夏休みにしていきましょう!

 

 

今日はここまでにします!

 

明日からの3日間は東進は休館となりますが、

この3日間も今までと同様頑張っていきましょう!!

 

次回もお楽しみに~

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!