受験期で後悔していること | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県

ブログ

2022年 6月 1日 受験期で後悔していること

 

こんにちは!

 

 

大学の模擬国際会議の授業で

 

フィリピン役をやった

 

板谷です

 

 

最終的には

 

常任理事国に

 

滅ぼされました

 

 

国際学も面白いって思いました(笑)

 

 

 

というわけで

 

 

今回のテーマは

 

 

受験期で後悔したこと

 

 

です

 

 

僕の場合は

 

気持ち面と勉強法で

 

それぞれ後悔があります。

 

 

 

まず気持ち面ですが、

 

僕が後悔したことは

 

 

志望校のレベルを一つ上げる

 

 

です

 

 

東進のデータによると、

 

4月のテストで点数が

 

同じだった人でも

 

志望校のレベルが高い人の方が

 

後の点数の上がり方が

 

大きいことがわかっています

 

受験生の時に担任助手に

 

このことを言われたのですが

 

そのまま志望校のレベルを

 

上げなかった僕は

 

結果的に志望校の

 

一つ下のレベルの大学にしか

 

合格することが

 

出来ませんでした

 

 

このブログを見ている受験生の皆さん!

 

ぜひ実践してみてみてください!

 

 

 

勉強面で後悔していることは

 

 

インプットとアウトプットの

 

割合を間違えたこと

 

 

です

 

 

僕は日本史選択だったのですが

 

アウトプットの一問一答を

 

中心にやっていたため

 

インプットの教科書の理解が浅いため

 

テストで思うように

 

点数が取れませんでした。

 

インプットとアウトプットの割合は

 

3:7が適切だと言われています

 

現在勉強法に心配がある人は

 

これを意識してみてください!

 

 

 

僕は後悔していることがありますが

 

受験生の皆さんは

 

後悔のない受験にするために

 

今後も頑張ってください!

 

 

最後まで読んでくださり

 

ありがとうございました!

 

 

 

明日のブロガーは

 

高校時代僕と同じ競技を

 

やっていた人です

 

 

次回もお楽しみに~