受験生に伝えたいこと | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2020年 12月 18日 受験生に伝えたいこと

こんにちは!

鶴間です^^

 

鈴木さんが紹介してくれたのは

私の担当する

グループの名前です笑

 

万里一空ってどんな意味か

ご存知ですか?

 

万里一空とは、

世界のすべては同じ

一つの空の下にある、という

見方を表す表現です。

どこまでも同じ

一つの目標を見据え、

たゆまず努力を続ける。

そういう心構えを表す語として

引用されます。

 

かっこいいですよね!

お気に入りです笑

 

 

さて、昨日(本日未明?)とは

打って変わって

本日のテーマ

受験生に伝えたいこと

を書いていこうかと思います!

 

受験生のみなさん、

突如掲示された

担任助手からのメッセージを

もうご覧になりましたか?

模試が終わった今、

各担任助手の伝えたいことや

応援のメッセージが

書かれていると思います。

 

是非気晴らしに

読んでみてください!

 

私が今回伝えたいなあと

思ったことは、

志望校に必ず合格するために

必要な努力を

惜しまないで欲しい

ということです。

 

これまで長い間

大学受験に

向き合ってきましたね。

 

私がこの前得た情報で

驚いたことは、

今くらいの時期に

やる気を落とす生徒が

多いということです。

 

ここまで頑張ってきたのに!?

とびっくりしました。

 

みなさんはそうなっていませんか?

最大限の努力ができていますか?

 

二次試験後期が

3月12日として、

そこまで受験する人は

あと3ヶ月弱

9月末のことを思い出してください。

そこから3ヶ月弱経ってますよね。

 

それくらいの期間しかもう

受験勉強に全力を

注ぐことはできませんし

それ以降どんなに悔やんだって

何も意味がありません。

 

「今」がとても大事で、

その積み重ねで受験結果は

変わってきてしまいます。

 

大学入試は

受からせるためのものではなく

落とすためのものです。

私は、実体験としても

友達の話でも

担任助手になってからも

これを痛いほど感じてきました。

募集人数と

志願者人数を見れば

一目瞭然ですよね。

振るいにかけて、

残った受験生が合格します。

落ちる人はごまんといるわけです。

 

それが理解できたら、

なにくそ!落とされてたまるか!

と奮い立ってほしいですね。

 

また、手を緩めず頑張れる人が

猛スピードで勉強を

進める時期なので

少しの遅れ、怠けで

大きな差がでてきます。

 

ここで立ち止まっていては

取り返しのつかないことに

なってしまうかもしれないのです!

 

もう今日は無理だ!

やりつくした!

そう思ってからもう一歩の

+αの勉強をしてください。

 

 

合格するために必要な努力は、

自分では計れない

+αなものなのではないでしょうか。

 

 

 

さてこの辺で

終わりにしましょうか~

 

次回のブロガーは

白いダウンが似合う

担任助手です!笑

 

 

お楽しみに^^

 

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事