受験生へのメッセージ | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2021年 3月 3日 受験生へのメッセージ

こんにちは!

担任助手4年の染野です!

 

昨日の藤原くんのヒントで誰が

今日のブロガーが自分だと

分かったでしょうか?

きっとだれ1人として分からなかったでしょう(笑)

 

そんなことはいいとして、

昨日に引き続き、

「卒業生へのメッセージ」

というテーマで話をしていきます!

 

まだ受験を控えている受験生は

ここでブログを見て、終わったら

またすぐに勉強に戻りましょう!(笑)

 

さぁ、大学生になる皆さんはこれからの

生活に大きく期待を寄せているのではないでしょうか。

あれもやってみたい、これもやってみたい、

そんな風に思っているかもしれませんね?

 

大学生は、自分の行動次第で「やりたいこと」が

基本的に何でもできる、自由な存在です!

 

ただその「自由」というのは、ときに

みなさんの人生にプラスの影響をもたらさない

可能性もあります。

例えば、高校のときより授業が始まる時間が

遅くなったから起きるのも遅くていいや、とか。

 

きっと皆さんが思い描いている「自由」というのは

より善い人間に成長するために行動すること、

だと思います。

 

そのために、大学生なら是非ともやってほしい

ことがあります。

それは「早起き」と「読書」です!!

 

えー、めっちゃ地味ー、と思った方。

確かにそうとも言えます。(笑)

もっといろいろなアクションを起こして

行こうぜ!というアクティブな方も

いるかと思います。

 

ただ、そんな人もぜったいにやっておいて

損はないのがこの2つです!

 

大学生のうちにいろいろしたい!というなら、

そもそもそれに費やせる時間が必要ですよね?

だからこその「早起き」です。

これが単に「睡眠時間を削る」でないことが

この話の大事なところです!

 

人間が夜遅くに取り組む行動のほとんどは

朝に行われるそれに比べて圧倒的に非効率的

ということはいろいろな研究によって

証明されています。

そして、世界中の有名な企業家の多くは、実は

早起きの人が多いということも言われています!

 

「早起きだから成功する」とは言えなくとも、

「成功している人の多くは早起きをしている」と

聞いたら、なんだかやってみたくなりませんか?

 

ちなみに自分はそれを知ってからは、日付が変わるまで

には必ず寝て、6時には必ず起きるようにしています。

自分が成長しているかはさておき、1日1日が以前と比べて

圧倒的に充実している、とは感じます!

 

そしてもう1つが「読書」です!

少なくともこっちは大学生になってから

たくさん取り組んでいきたい!という人も

少なくないのではないでしょうか?

 

まさに読書は大学生のうちにするべきことの

1つだと自分は思います。

大学でも学べないことが、本を読むことで

身につくこともあります

 

その中でも、自分がオススメしたい本は

3っあります。

1つは「砂漠」(著者:伊坂幸太郎)です!

この小説は東北大学に入学した新入生の

大学生活を描いたものです。

個人的に読んでいて、大学生活に期待が

膨らんだ記憶があるので、まさに今のうちに

読むと良いかなと思います!

 

残りの2つは「7つの習慣」「エッセンシャル思考」

という、いずれもビジネス書です!

大学生になる今、この本をオススメするのか?

と思った人もいると思います。

 

ただ、このビジネス書は「ビジネスのためだけにあらず」

むしろ、夢や希望に溢れ、やりたいことがたくさんある

大学生こそ読むべき本だと自分は思います。

 

ちなみにこの2つを同時に紹介したのにも

理由があります。これは自分が読んで感じたことですが、

この2つの本は根底には同じマインドにあります。

つまり、2つの本を読むことで、より深く自分のなかに

その意味が入り込んでくるはずです!

 

自分はこの本に出会うのが少し遅かったですが、

もしこの本にもっと早くに出会えていたら、

きっとより大学生活が充実したものになっていた

と思うことさえあります。

 

その他にもたくさん紹介したい本はあるのですが、

これ以上ブログが長くなってしまうと恐ろしいので

ここまでにしておきます。

もし興味がある方は、ぜひ卒業式のときに

自分にオススメの本を聞いてみて下さい!

 

長くなりましたが、ぜひみなさんには

「早起き」と「読書」をしてもらい、

充実した大学生活を送ってほしいと思います!

 

自分からのメッセージは以上です!

最後まで読んでくれてありがとうございました!