大学生になってできたこと・やりたいこと | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2021年 6月 20日 大学生になってできたこと・やりたいこと

こんにちは!担任助手3年の染谷です!

最近みんな大学の余談からブログを始めているひとから多いですよね。

私もめちゃくちゃ余談なんですけど、

最近プログラミングの授業に苦しめられています。

私の大学の中で唯一自分の学科のみプログラミングの授業があって、

C言語を用いて割と本格的にやります。

しかし、私はもちろん情報学部でもなんでもないので、

プログラミングのことがさっぱり分からず、

再来週最終課題の提出なのにも関わらず1歩も進んでいません。

果たしてどうなることやら、、、という感じです。

 

と、どうでもいい余談はここまでにして、

今日のブログのテーマは

「大学生になってできたこと・やりたいこと」

です!

正直大学生になってできたことはたくさんあります(笑)

通っていた高校の校則が厳しく寄り道が禁止されていたので、

大学生になって大学終わりにご飯行ったり買い物したりできるようになったのも嬉しいですし、

中高6年間チャリ通だった私の憧れだった電車通学ができるようになったのも嬉しいです(笑)

本当に大学生になって自由が増えてできるようになったことは沢山あります。

高校の頃あまり自由がなかったからなおさらそう感じるのかもしれませんね。

勉強面で言ったら大きな変化は

「英語の勉強を沢山できたこと」

です。

元々高2の秋ごろから受験勉強としての英語を始めて、

第一志望校の英語が難しかったため、受験期一番力を入れて勉強をしていました。

毎日のように英語の長文を読んだり、

時には気分転換に英語のネットニュースを長文替わりに読んだりしていたのですが、

そうしていくうちに英語って楽しいなと思うようになってきました。

残念ながら当時は受験勉強に必死だったのでそこで英語の興味を深めることはできなかったのですが、

大学生になって時間にゆとりができたり、

受験勉強としての英語と距離を置くことができたので、

高校の時とは違った英語の勉強ができるようになりました。

具体的には

大1の授業で半年にわたって自分の研究テーマを決めて、

論文を読み漁り、色々な人とディスカッションしていき、

最終的に30分にわたる英語のプレゼンをしてみたり、

積極的に英語のディスカッション形式の授業を取ってみたり、

授業のほかに自由参加型の英語でディスカッションをするワークショップに参加したり、、

と高校の時とは打って変わって、

人とコミュニケーションを取る英語を勉強しています。

自分は受験期スピーキングはもちろん英作文すらもまともに勉強をしてこなかったため、

元々のスピーキング能力はかなり低かったと思います。

しかし、こういう話す機会が増えて、ハイレベルな人たちと英語で話すことですごい勉強になり、

だいぶスピーキングはマシにはなったのではないかと思います。

またスピーキング能力はさておき、間違ってでもいいから英語で積極的に意見をいう力は確実に身に付いたと実感しています。

この前大学の授業で20分英語でプレゼンした後、

60分ひたすら人に質問に英語で答えるという地獄みたいな授業があったんですけど、

意外とスムーズに受け答えができて、自分でもしゃべれているな~と実感しました。

 

そして今後やりたいこともやはり英語です。

すでに来週にも英語でディスカッションをするワークショップに申し込んでいるので、

まずはそれを頑張りたいです。

こうしてワークショップという場を設けてくれるのも大学までだと思うので、

今後も積極的に参加したいなと思っています。

また、コロナのせいで海外研修にはいけなくなってしまったのですが、

夏にオンラインで研修先の海外の学生と交流会があるのでそれも参加する予定です。

その上で自分の英語に対する課題点は語彙力だなぁと最近痛感しています。

意見を言おうとする時に単語がパッとでなかったり、単語の正しい用法ができなかったりするので、

そこはもう少し勉強したいな~と思ってます。

最近受験期に使っていた英単語帳の鉄壁を掘り返してやっているので、

もし受験生で鉄壁を使っている人がいたら一緒にがんばりましょう(笑)

 

さて!今日のブログはここまでにします。

明日の担当は

今これを書いている時ちょうど一緒に勤務に入っている人です(笑)

個人的にその人の世間話が面白くて好きです(笑)

それではまた明日!