大学生の一日 | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2020年 9月 26日 大学生の一日

intf(“Hello World\n”);

 

Hello Students!

 

 

どうも、こんちには!

 

担任助手1年の関谷です

 

1か月ぶりですか

前回のブロガーに僕の前回のブログでも自分の前回のブログの次だった・・・?

との紹介を受けました。

紛らわしい感じですが

たしかに前回もこの順番ですね。

大分前の話なので見返しちゃいました

 

 

しかしこのヒントだけで今回のブロガーが分かった人がいたなら

天才ですね。

帰納的に関谷だと特定できる事例がありませんからね・・・

 

 

 

さて、、、

今日のテーマは

前々回から引き続き

 

大学生の一日

 

です

 

実は、

自分もまだ大学が始まっていません!

と、いうのも

 

夏休みが9月いっぱいだからです

 

というか、元はといえば夏休みっていから休みなんですよね・・・

 

・・・くない?

 

がりの自分はここ最近の夜はってしまうんじゃないかと思うほどです

 

という感じで、今は

授業じゃなくてさと対決中です

 

 

前回は大学生の休み(?)が主な内容だったので、

自分は前期の一日(平日)を振り返ろうと思います

 

授業は全部オンラインで、

日中はずっとパソコンを睨んでいました。

計算式ばかり出てきたので

感覚としては

東進でちょっと難しい数学の受講を

受けているようなものですかね・・・

 

一日のすべての授業が終わるのが

平均して15時ごろで

そこからは特に用事がなければ

家でゆっくり過ごしています

 

課題をやったり、PCをいじったり、

ちょっとnap timeを取ったり、洋画を見たり、・・・

 

ただ、だいたいの時間は

勉強関係で取られますね。

まあ、自分の大学学部ということもあるし

自己流というのもあると思いますが

課題が多いわけじゃなくて、

何せ普段から計算慣れしてないと解くのが遅いし

計算機系の授業があるとソースを書いているうちに

いつの間に夕飯時になっているし・・・

という感じです

 

外出も基本しないですね、ご時世的にも。

筋力が格段に落ちている・・・

もはや東進に来るまでのチャリ走が結構な運動ですよ。

そうそう、高校の時は筋トレをやっていたんですが

大学になってからほとんどやらなくなっちゃって・・・

今だからこそ始めるべきですよね・・・

 

ちなみに休日は基本バイトかバドミントンです。

なんかもう・・・

バド部の東進生か!!Σ⊂(゚Д゚ )

 

あ、

サークル?と思った人もいるかもしれないですね。

サークルは、おおよそ活動しているんでしょうけど

自分はまだ入ってないです。

自分の大学には球技系全般を扱うサークルがあって

一応それに入る予定なんですが

なかなか入りづらい・・・

まあ秋になったことですので

頃合いを見て入ろうとは思います・・・

 

 

大学生の一日をこう振り返ってみると

 

自分のしたいことに使える自由時間が増えたには増えて

自粛とはいえ心身的に解放的ではあります。

授業は、今のみなさんに身近な言葉を使うなら

「インプットが始まった」って感じです。

それを、大学になったら

「入試」ではなく「社会」というより大きな枠組み、しかも

自分の興味あることに応用することが求められるので、

そう考えれば、授業を聞いて何かが分かるようになるだけで

より生産性のあることをしている気持ちになります

 

その意味でも、大学は「楽しい」ところ

だと思っています。

そう考えると、モチベーションも一層上がるんじゃないかと思います

 

息抜きに大学になった後のことを考えるのは

合理的で本当に良いことだと思います

 

実際に自分も大学生活を考えて

行きたい気持ちを向上させてきたから

最後までやり続けられたんだと思ってます

 

受験生は入試まで残り4か月ちょいですね。

家にいるし、自分の一日が参考になるか分かりませんが、

こんな感じで大学での一日を想像してみるのも

良いんじゃないかと思います。

みなさんのやる気に少しでも繋がれば幸いです!

 

 

主題と少し逸れた締めになりましたが

今回はこの辺で・・・

 

大学生の一日」でした!

 

最後まで見てくれてありがたや

 

 

さて、次回のブロガーは

 

自分とバイト日が同じになったことがない

あの人です

 

さあ、分かりますか?

 

ちなみに、ブログとして自分の次になったことはなかったはずです

 

分かったら天才ですよ。

帰納(ry

 

 

・・・ではまた!