好きなスポーツ | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2021年 5月 3日 好きなスポーツ

こんにちは

1年担任助手の鶴間茜です!

 

 

 

では早速今回のテーマ

「好きなスポーツ」

について話していきたいと思います。

単刀直入ではありますが、

私は、スポーツが得意な方だと

自負しております。

幼稚園は体操クラブ

小学校はバドミントン

中、高はバレー

という風に、常に

運動のある生活を送っていました!!

なので、バドミントン、バレーは

見るのもやるのも好きです。

 

小学校のバドミントンですが

じつは茨城県内の強化選手というものに

選ばれていました。

数年後(すでに行われましたね)に茨城県で国体が

行われるために、県ベスト4以上

しか通常強化選手が選ばれないところ

県ベスト8まで、選出の枠が

広がっていて、

当時県ベスト8に私は属していたので

ギリギリ練習に参加することができました。

全国大会常連の子と一緒に練習したりして

かなりつらかった記憶が

ありますが、今は話のネタになっています。

 

中、高のバレーは部活だったので

ひたすら体力を鍛えるメニューが多かったです。

しかし私は体力があまりなく

常に瀕死状態でした!!!

外練は、砂の入ったペットボトルを

もって8キロ走りこんだり、

コート回りを手押し車でひたすら歩いたり、

思い出すだけでも、吐き気の

するような練習を行っていました。

しかし仲間と切磋琢磨し合えるのは

部活生の特権だと思います。

 

担任助手として東進生には

文武両道

をこなしてほしいと思っていますが

自分の部活生時代を振り返ると

文武両道は決して簡単では

ないと言えます。

私も高校2年の夏に、東進に入学を

しているので、文武両道の

大変さは十分理解しています。

 

 

部活生の強みは、

自分に厳しいことだと思います。

ハイキューの名言にこんな言葉があります。

「苦しい、もう止まってしましたい

そう思った瞬間からの、一歩」

この最後のもう一歩を

早く踏み出せるのは部活生

だと私は思っています。

なぜなら部活生は、自分の限界が

思っているより、もっとさきにあることを

知っているからです。

 

勉強時間が少ないことを

引け目に思ってはいけません。

部活中心の生活に

無理やり勉強時間を詰め込んで

こなした数時間。

意味がないわけないです。

その努力は遅く開花するものです。

 

 

今回のテーマの

「好きなスポーツ」から

逸れに逸れまくりましたが、

いい内容を皆様にお届けできたのでは

ないかなと思っています。

 

GWも残りわずかです!!

頑張りましょう!!!

 

次のブログは、

おっとりしてそうだけど

実は部活のキャプテンだった人です!!

お楽しみに!!!