帳票返却面談の重要性 | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県

ブログ

2022年 11月 17日 帳票返却面談の重要性

どうもおはこんばんにちは!

 

1ヶ月ぶりのブログ登場の藤原です!

おひさしぶりです。元気でしたか!

僕は元気でしたー!(誰も聞いてない)

 

前回の僕のブログを振り返ると

今回と同じように

「1カ月ぶりですね~」とかほざいていました。(笑)

1ヶ月に1回の登場なんですかね。

 

急に話は変わるのですが、

そろそろ2回目のインフルエンザの予防接種があります…

あれ痛いですよね…

同期の中村嶺介くんとうちに行くのですが、

帰りに一緒にご飯食べれる楽しみで頑張ってきます!

予防接種をうちにいく方が多いと思いますが、

一緒に頑張りましょう!

 

ってな感じで本題に入っていこうと思います!

今日のテーマは、、、

 

「帳票返却面談の重要性」

 

です!

 

みなさん、全国統一高校生テストの受験お疲れさまでした!

最近、帳票返却面談を実施した、もしくは、

これからするという生徒がほとんどだと思います。

 

東進は模試の帳票をただ返すだけではありません。

なぜ面談という形で返しているかというと、

模試結果から志望校合格に向け必要な要素を分析し、

志望校合格までの筋道を作るサポートをするためです!

 

模試は今の実力を測るためだけにやるのではありません。

もちろん判定は大事ですが、模試を受けて

次の模試まで、そして受験本番までの学習方針を

定めることがとても重要です。

 

これは部活でもいえることだと思うのですが、

何かを目標にし、その目標を達成するために

足りない要素を練習していると思います。

そして、部活ではいきなり大会に挑むのではなく、

間にいくつもの練習試合があると思います。

 

勉強も同じです。

志望校合格を目標にし、目標達成に

必要な単元・ジャンルを学習する。

受験本番までに模試を受験。

そして模試ごとに分析し次に備える。

 

だから、模試の受験は大事ですし、

次に備えるための帳票返却面談も重要なのです。

 

受験生は今週末に、

早慶上理・難関国公立大模試、

全国有名国公私大模試

 

低学年生は12月に

共通テスト本番レベル模試

があります。

帳票返却面談で決めたことを

しっかりとこなし、

やりきることはやってから受験できるように

最大限の努力を続けていこう!

 

明日のブロガーは、、、

 

ダンスしているところを見てみたい

(ダンスサークルに所属している)

 

あの人です。

お楽しみに~!