得意教科をどう武器にしたか | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2021年 11月 21日 得意教科をどう武器にしたか

こんにちは!
 
成島さんとちょくちょくドラマがかぶる
 
門脇です
 
 
今日も昨日に引き続き、
 
得意教科をどう武器にしたか
 
 
について話していきたいと思います。
 
 
まず、僕の得意科目は
 
英語と数学
 
でした
 
 
英語は中学の頃から得意でしたが、学年で70〜100位(300人中)くらいでした。
 
なのでその時は武器ではないですね。。
 
そこで得意を武器にした勉強があります
 
 
それは
 
 
分厚い文法書を隅から隅までを読んだことです。
 
結構時間がかかります。
 
 
これは高校一年生の冬に始めて高二の終わりまでかかりました
 
ちっちゃいコラムまで読みました
 
メリットを2つ紹介します〜
 
1つ目は
 
文法を1から全て学べるので安心して勉強できます。
 
少し薄い参考書をやると
 
不安が残ってしまうので
 
安心できるこの勉強が
 
僕には結構しっくりきました
 
 
 
2つ目は
 
その後の勉強のペースが上がること
 
です
 
 
授業や問題を解いたりしたときに
 
 
調べたいことがあるとします
 
 
文法書を読み込んだのでどれがどこにあるか大体わかるので、
 
 
勉強スピードが目次から探す人よりも早かったです
 
 
では次に、数学です
 
 
数学は高1の前半は偏差値40くらいでしたが、
 
高校3年の夏くらいには70くらいになりました
 
 
数学はすぐに伸びるものではないです
 
 
英語や国語や社会と違って、
 
問題を解けるようになるまでは
 
偏差値や点数が変わらないということを
 
肝に銘じてください
 
 
なので、武器にするコツはある程度のレベルまで
 
行って満足せずに頑張り続けることです。
 
偏差値を40代から50代にするのと、
 
60から70にするのでは大変さが違いますが、
 
 
あきらめないで頑張る事が大事です。
 
 
そして、コスパを上げるために
 
自分より少しレベルの高い問題をやったり、
 
もう完璧にできる問題を目で解いたり、
 
 
出来るだけ新しい問題に触れる事
 
 
が大切だと思います!
 
 
次回のブロガーは
 
 
最近、桃鉄を一緒にやったあの人です!

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事