担任助手になったきっかけ(松本) | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県

ブログ

2022年 11月 19日 担任助手になったきっかけ(松本)

こんにちは!

 

担任助手1年

”小さな巨人”

松本です!

 

”小さな”は身長ですね…

まあ高塚くんには敵いません笑

 

でも小さな巨人は調べたらほめ言葉らしいので

ほめ言葉として受け取っておきます笑

 

 

 

さて、

昨日に引き続き今回も

担任助手になったきっかけ

について書いていこうと思います!

 

 

僕が担任助手になろうと思ったきっかけは

いくつかありますが、

一番は

担任助手への憧れ

です

 

 

僕は、今年の3月まで

東進ハイスクール取手校の生徒でした。

 

担任助手になるかどうかを決めたのは、

すべての受験が終了して、

生徒として最後に面談を行った日でした。

 

受験が終わって振り返ってみたときに、

まず、

受験生の自分を

様々な面で支えてくれ、

志望校合格へと導いてくれた

担任助手の皆さんへの

感謝の気持ちが大きかったです。

 

 

そして、

自分に本気で向き合ってくれた

担任助手の皆さんの姿は、

本当に格好良く、

 

自分もそんな担任助手のようになりたい!

 

この人たちと一緒に働きたい!

 

という気持ちが強くなり、

担任助手になることを決めました。

 

 

担任助手という仕事は、

生徒の皆さんの大学受験に携わる

ということで、

大きな責任を伴いますが、

とてもやりがいのある仕事

だと思います。

 

また、

様々な人と関わる機会を通して、

多くのことを学ぶことができ、

自分を成長させてくれる仕事

だと思います。

 

 

担任助手として、これからも

受験生の皆さんの第一志望校合格に向けて

全力でサポートしていきたいと思いますし、

その中で、

自分も成長していきたいと思っています!

 

今日はここまでにします!

 

共通テストまで二か月切ってます!

体調管理には十分気をつけて

残された時間を全力で駆け抜けよう!

 

明日も医療関係にお詳しい同期が

担任助手になったきっかけを

書いてくれます!

 

お楽しみに~

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!