担任助手を1年やって感じたこと | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2021年 3月 29日 担任助手を1年やって感じたこと

こんにちは!

担任助手2年の小林です!

 

 

 

2年になったということで

ブログの写真を撮り直しました!

前の写真よりはマシになったけど

髪型も見た目もなにも変化していなくて

びっくりしました。

 

 

 

みんな髪が伸びたり短くなったり

垢抜けたりしているのに・・・。

羨ましいです。

 

 

 

 

 

 

 

もうすこしで高校生の皆と同じように

春休みが終わって大学が始まるのですが、

2年生になると履修の幅が広がって

楽しそうな授業ばっかで、

しかも対面授業が立教は多いみたいで

はやく春休みが明けないかなあと

楽しみでいっぱいです。

 

 

 

はやく休みがあけないかなあ

なんて思ったのは人生初なので

自分でもびっくりしています笑

 

 

 

1ヶ月後もこの気持ちを

持ち続けられる気はしません^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがにそろそろ本題に入ります。

今日は昨日に引き続き、

担任助手を1年やって感じたこと

です。

 

 

 

 

私はこの一年間を振り返ると、

人の為にこんなに動いたのは

人生初だと感じました。

 

 

 

今まで私は自分のことすらままならず、

人に助けてもらってばかりの人生でした。

 

 

 

しかし、今年は自分以外の人の為に

いろんなことを考えて走り回ってました笑

 

 

 

人の為と言っていますが、

自分がそうしたいと思って

やっていたことなので

自分的にもたくさん成長できたし、

人に感謝されることって

こんなに嬉しいんだと思いました。

 

 

 

 

ある先輩が、

ありがとうって言われるの大好き

誰かがありがとうって

言ってくれれば頑張れる

と以前言っていました。

その当時はふーん。くらいにしか

感じていませんでしたが、

この前自分の担当生徒だった子達が

お手紙をくれて、

人に感謝されること、

こんにも嬉しいことはないと

実感して、その先輩の言っていた意味が

やっと理解できた気がしました。

 

 

 

自分がやりたくてやったことに

誰かがありがとうと言ってくれる、

その体験をもっとこれからも積み重ねようと

思いました。

 

 

 

私も逆にたくさんの人にこれからは

感謝の気持ちをちゃんと伝えようと

思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はこの辺で終わります。

久しぶりのブログだったので

書いていてとても楽しかったです!

 

 

 

 

明日のブロガーは、

今日の私のブログで登場した

「ある先輩」です笑

 

 

 

正体が知りたい方は

ぜひ明日もブログを覗いてみてください。

お楽しみに!!

最新記事一覧

過去の記事