沖田担任助手紹介 | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2021年 9月 18日 沖田担任助手紹介

 

こんにちは!

 

最近福田に太ったねと言っている

 

成島です!

 

っていうことなのですが、

 

福田にそんなこと1回とも言ったことはないです(笑)

 

今回のブログは自分が沖田くんを紹介するのですが、

 

もしかしたら沖田くんと勘違いしているのかもしれないですね(笑)

彼はそういうこと言いかねませんからね。

 

 

はい、

 

というわけで沖田担任助手の紹介をしていきたいと思います!

 

笹田くんが既に紹介してしまっているので、

 

もう十分ではないかと思うのですが、

 

成島から見た沖田くんというものを書いていこうと思います。

 

まずはプロフィールから!

 

〇名前:沖田堅壮

〇出身中学:取手第一中学校

〇出身高校:竜ケ崎第一高等学校

〇部活:柔道部(中学)東進部(高校)

〇大学:東京外国語大学部国際社会学部国際社会学科北西ヨーロッパ北アメリカ専攻

 

という感じですかね。

 

まずこの中の共通点としては、

 

出身中学が同じっていう点ですね。

 

ただ、当時は全く面識がなく、彼を知ったのは東進に入ってからでした。

 

自分が東進に入った頃には、既に東進でガツガツ勉強していました。

 

ずっと東進にいたので、

自分と同じ受験生かなと思っていましたが、

 

1個下だったということを知った時は驚きましたね。

 

当時の彼は存在感がありましたね。

 

良い意味でも、悪い意味でも。

 

一個下にこんなに勉強頑張っている人がいるんだと刺激を受けていましたが、

 

受付でめちゃくちゃ担任助手と話している様子や、

 

Aクラスで受講しながら笑っているのを見て、

 

内心「なんやこいつー!」とも思っていました(笑)。

 

担任助手になり、初めて話してみると、

とても元気で話しやすかったです。

 

笹田くんの友達ということもあり、

割と早めに仲良くなれた気がします。

 

受験生になってからも、

 

沖田君はザ・東進生といった感じで、

取手校で常にトップを走ってくれる存在でした。

 

正直、担任助手の中でも、

一番くらいに東進コンテンツを活用していたのではないかと思います。

 

彼はその勢いで、受験終了まで突っ走ってくれました。

 

彼の頑張りには「あっぱれ」をあげたいと思います。

 

担任助手になってからも、

高校時、東進部に入っていたことを活かして生徒指導にあたってくれています。

 

といった感じで、

自分から見た沖田君を時系列に並べて書きましたが、

 

最後に、

今パッと思いついた沖田の良いところ3つを紹介して終わりたいと思います!

 

①元気

 

はい、これは先ほどにも書きましたが、

彼は元気ですね。

 

逆に言えばうるさい時もありますが、

概ね校舎の雰囲気を明るくしてくれます。

 

②ピュア

 

以前、

 

沖田君の誕生日に他の担任助手がプレゼントを渡していたところを見たのですが、

 

そのときの喜びようがとてもピュアで、

こんなに喜べるのかととても感心しました。

 

こういうところが少しかわいいですね。

 

ご飯をごちそうする時も「えー!成島君いいのー!」なかなかかわいいですね。

よくご飯を誘ってくれるので、あまり自分から誘わない僕からしたらとてもありがたいです。

 

他の後輩も見習ってほしいですね(本来は先輩から誘うべきなのでしょうが、)。

 

③ネクタイとかシャツがなんかシャレてる

 

はい、ラストです。

 

自分を含めて、

多くの担任助手は担任助手になりたての時、

スーツを初めて買うときですね、

 

白シャツから入ります。

 

そこから、少しずつ慣れてきて、

 

夏くらいのタイミングで

 

青シャツ買いたいなーと思うものなのですが(経験則)、

 

彼は大学1年の4月には既に青シャツを着ていました。

 

「なかなかやるやん」と思いましたね。

 

さらに、青シャツに限らず、ベストまで着てたんですよね!

 

なかなかです。

闇カジノのディーラーのような雰囲気を醸し出していましたね。

 

最後、ネクタイに関して何ですが、

 

これも担任助手なりたてのころは、

 

めちゃくちゃシンプルなストライプ柄ネクタイから入り、

 

時間が経ち、

 

少しシャレたチェック柄ネクタイを使用するのが

 

常套手段です。

 

しかし、彼は当初からチェック柄のネクタイということで。

スーツに関してのセンスは周りから少し秀でていると感じています。

 

というのが僕からみた沖田君の良いところというか印象ですね。

 

はい、とまあ、短めに書こう考えていましたが、

少し長くなってしまいましたね。

 

明日は、逆に沖田君が自分のことを紹介してくれます。

 

褒めちぎってくれるだろうと思います。

 

よろしくねー。