過去問の取り組み方 | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2021年 6月 3日 過去問の取り組み方

こんにちは!

担任助手1年の向笠里菜です。

昨日の高須さんの紹介で、

たくさん褒められて

嬉しいです!!

高須さんはいつも言われて嬉しい事を

言って下さるので、

受験生の時も

たくさん元気をもらっていました。(笑)

ありがとうございます!

 

 

では、過去問の解き方について

書いていきたいと思います!

前々回のブログで、門脇くんが

全体的な進め方を紹介してくれたと思うので、

私は

復習の仕方

に焦点を当てて書いていきたいと思います(^^)

前々回のブログであったように、

東進の過去問演習講座の魅力は

すべて解説授業がついていることです!

しかし過去問ができなかったからといって

すべての解説授業を見ていたり、1つ1つの問題に

復習の時間をかけすぎてしまうと

それだけで貴重な勉強時間の

大半を使ってしまいます…

受験生の皆さんは共通テストの過去問以外にも

やることがたくさんあるはずなので、

1日をそれだけで終わらせてほしくは

ありません。

復習は時間をかけようと思えば

いくらでもかけられると思いますが、

時間を決めて効率よくやって欲しいです!

具体的に言うと、得意な科目は30分前後、

苦手な科目は1時間程度くらいで終わらせるように

して欲しいです。

 

もちろん時間を短くするからといって

手抜きしていいわけではありません(笑)

間違った問題は

ケアレスミスで間違ってしまったのか、

わからなくて間違ってしまったのか、

時間が足りなくて間違えてしまったのか、

自己分析をして、間違え方にあった効率のよい

復習をするようにしましょう!

一旦考えてみてわからなかったらきりあげて、

早めに解説授業や解説を見ることも大切です。

一度間違えた問題は二度と間違えない!

という勢いで、めげずに過去問を進めていきましょう!

 

ではこんなところで終わりたいと思います。

 

明日のブロガーは、

なんだかよく東進にいる?

この前もブログ書いてた?

気がする方です(笑)

明日は低学年について書いてくれる

ので低学年の人は必見です!