過去問の復習方法 | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県

ブログ

2022年 5月 24日 過去問の復習方法

 

 

こんにちは!

課題に追われる限界大学生の小泉です!

 

今週は通常の課題に加え

実験レポートも書かなくちゃなので

徹夜確定ですね^^

 

 

今日のテーマも前回と同じく

過去問の復習方法

です!

 

人と違う特別なことをしていた訳ではないので

被ってしまうところもあるかもですが

何か有益な情報を書き落とせたらいいなって思います~

 

 

僕が過去問の復習において

まず最初に意識していたことは

理解が曖昧な部分を残さないことです!

 

理解が曖昧なまま復習を終えてしまうと

次また同じような問題が出てきたときに

解けなくて悔しい思いをすると思います

 

間違った問題はもちろんのこと

たまたま正解した問題も欠かさずチェックしましょう!

 

しかし!

完全に理解するためには時間がかかってしまう…

 

ということで

次に意識していたことは復習にどのくらい時間をかけるか

です!

 

過去問は科目数によって異なりますが

量が多いので

一つ一つにあまり時間をかけられない!

と感じる生徒も多いのではないでしょうか

 

この塩梅はなかなか難しいところではあるのですが

僕は隙間時間を活用していました!

 

東進での過去問の復習は

1科目につき1時間までと決めていたので

1時間以内に復習しきれなかった場合は

学校で授業と授業の間の休み時間にやっていました!

 

数学などの計算系は気づけば2時間以上経ってた!

ってこともあるので気をつけましょう(笑)

 

 

ということで

今回はこの辺で終わろうと思います!

 

明日は僕がなにかと迷惑をかけがちなあの人です!

お楽しみに~

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!