高校の思い出 | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2021年 5月 29日 高校の思い出

こんにちは!

担任助手3年の染谷です!

 

今日のブログのテーマは

「高校の思い出」

です!

私はこれといってインパクトがある高校生活を送っていなかったので、

なかなか難しいですね笑

私が高校時代一番印象に残っているのは高2,3年でクラスが一緒だった5人の友達ですかね。

その友達とは高2の修学旅行で同じ班だったことがきっかけで仲良くなったのですが、

めちゃくちゃ個性が強い友達でした。

廊下を毎日大声で歌って踊りながら歩く人、

すごい可愛いのに目合うたびに変顔かましてくる人、

喋るたびにボケを挟んでくる人、

ツッコミのキレが半端ない人、

笑いのツボが異常に浅い人、、、

まあとにかく癖が強い人たちでした(笑)

言葉では伝わりきらないので本当に実際に会って欲しいくらい皆癖が強くて面白かったです。

その人たちのおかげで毎日お腹がつるほど笑わされていました。

お昼休みの時、みんなでご飯を食べていたのですが

笑いすぎてご飯が進まずに授業開始までに間に合わず、

みんなで放課後そのお昼ご飯の残りを食べてたのもいい思い出です。

実際お昼どんな話してたんだろうって思いだそうとするのですが、

全く覚えていないくらい話している内容は死ぬどしょうもなかったのは覚えています。

この前その5人の友達のうちの2人と遊んだのですが、

「高校の昼休みの私たちは偏差値0だったよね」

と口をそろえて話すくらい下らないことしか話していませんでした(笑)

でも、この5人と友達は面白くてノリが良いわけではなく、

受験時代ライバルでもあり戦友でもあります。

帰国子女が2人いたり、学年トップレベルの人もいたので

その人たちに勉強面や精神面で色々相談に乗ってもらったり、

勉強法とか大学に対する考え方とかものすごく刺激になりました。

また6人中5人が東進生だったので、

東進と学校をどういう風に両立するかも色々話したりもしました。

中でも印象に残っているのは、

難関大模試で校内順位が乗ると思うのですが、

2人の帰国子女の友達と私で校内順位の1,2,3位を争っていて、

毎回難関大模試の前は「次は絶対私が1位になる!」とお互い宣言して、

英語は特に本気で受けていたのを覚えています。

結局私はずっと校内順位が3位のままで一度も1位になったこと無かったのですが、

こうして帰国の人と争うことで英語は常に高いレベルを目指せたのはとてもいい経験だったと思います。

今でもその友達とは仲良くて、

グループラインでまたしょうもないことを話したり、

お互い時間が合えばグループでビデオ電話をしたりしています。

今5人の友達のうち2人が早稲田生なので、

来週その2人に早稲田大を案内してもらう予定です(笑)

 

高校時代あまりインパクトがあるエピソードはありませんが、

卒業してからも仲良くしている友達に出会えたのはほんとに大きいなぁと感じています。

皆さんも高校時代の友達はずっと印象にのこるので大切に付き合ってほしいと思います!

 

今日のブログはここまでです!

明日のブロガーは

高校時代強烈なエピソードを沢山持っているあの人です!

きっと面白いブログが読めると思うのでお楽しみに!