私が東進に入った理由 | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2021年 1月 21日 私が東進に入った理由

こんにちは!

高校受験の後すぐに東進に入学したと噂の松本です!

そうなんですよ。

確か、高校受験が終わった

次の日から東進に来てるんですよね。笑

 

まあそのことについては今日のテーマが

私が東進に入った理由

ということなので色々話していきます!

 

私は中学生の頃勉ほんとに勉強しない人で

高校受験もあまり勉強していない状態で臨みました。

 

高校受験はあまり深く考えずにやっていましたが

受かったとしても落ちたとしてもこのままでは

高校に入ってからがまずい気がする

という気はしていました。

 

あと、漠然と憧れていた大学があって、

そこが超難関大学だったんですけど

友達の兄弟がそこに行っている話を聞いて

めちゃくちゃ頑張ったらもしかしたら

自分にも可能性はあるのかなと思って

高校から勉強頑張ろうと思ってました。

 

それで高校入試が終わって帰りに歩いてたら、

高校の前で東進の人がなんか配ってたんですね。

いつもなら貰わないけど、予備校か~って思って

その時はなんとなく貰ってしまいました。

 

 

それで家帰って親と話して招待講習行ってみるか

ってことになって次の日くらいに東進に来ました。

4月くらいにはもう入学していたので、

栄進生になる前に東進生になっていました笑

 

早いうちから東進に入って良かったな

と思えるところは

1年生のときから受験生の緊張感を

すぐ近くで感じられたこと

です。

学校で1年生同士で話していると

受験なんてまだ先だよねみたいな

雰囲気になりがちだと思います。

でも早いうちから東進に通っていると

受験を控えた3年生が必死になって

1日中勉強しているところを間近で見ることができて

自分もあと1~2年したらこうなるんだなと

受験に対する意識が上がります。

 

あとは、高校の授業が始まる前から

東進で高校の内容を学習し始めたので

受講がひたすら予習という形になり、

授業でついていけないということがなくなりました。

それでわかることが増えていくのが楽しくて、

勉強することがそこまで苦ではなくなっていました。

 

春休みから勉強し始めていたので、

勉強嫌いだった私でも

定期考査のため長時間勉強することへの抵抗も全然なくて

高校最初の定期考査前はすごい勉強した記憶があります。

その結果、高校入試時は下から数えたほうが

早い自信がありましたが、

その考査では学年6位を取ることができました。

めちゃくちゃびっくりしたのでよく覚えています笑

 

東進は入るのが早いほど良いと思います。

第一志望校に合格するためには、

1,2年生のうちから努力することはとても大切です。

もし東進に入っていなくてこれを見てくれている人がいたら、

ぜひ招待講習に参加してみてほしいです!

 

今日は東進生にはあまり参考になる話は

なかったですよね…

見てくれた人、ごめんなさい!

 

受験生は共通テストも終わり、

私大入試がもうすぐ始まりますね。

始まったら本当にあっという間だと思います。

泣いても笑っても受験が終わるまであと少し!

最後まで全力でやりきってくださいね!

 

 

こんな感じで今日は終わります!

 

 

明日のブロガーは

 

私の中で割と頻繁に髪が黒くなったり

茶色くなったりしてるイメージの人です!

もしかして気のせいだったりする?

これで誰だかわかるかな…

 

明日もお楽しみに!

最新記事一覧

過去の記事