サイエンスセミナー紹介Ⅲ | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2019年 9月 20日 サイエンスセミナー紹介Ⅲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは!

昨日のヒントで分かった人はいないですよね(笑)

誕生日は3月13日でせいかいです。

みんな祝ってね!

さて、今日もサイエンスセミナーの紹介がテーマです!

サイエンスセミナーの紹介も今日で三日目ということで

みなさんもどういうイベントなのかは

ほとんどわかっていると思います(笑)

というわけで今回は、

サイエンスセミナーで講演をして頂く

講師の先生の紹介をしていきたいと思います。

まずは永瀬賞最優秀賞の武部 貴則先生です。

武部先生は現在、日本の臓器移植の

トップ研究者です。

ただの臓器移植ではなく、

臓器創生による移植技術の開発をしています。

この情報だけで凄い人だってわかりますよね。

そして、臓器創生を

「オルガノイド」って言うらしいんですけど

なんと日本は

オルガノイド技術で世界をリードしているんです。

ということは、、、

オルガノイド技術(臓器創生)でトップの

日本の中でトップということです!

世界のスーパーエリートです!

これは半端ないって!

また、武部先生は

東京医科歯科大学、横浜国立大学の教授もしています。

もちろん「教授」というだけで凄いのですが、

武部先生がハンパないのは

年齢が33歳ということです。

33歳という若さで

教授になった人&世界でトップレベルの研究者の

講義が無料で聴けるんです!

志望校がサイエンスと関係なくても

自分にとって

プラスになる話が聴けると思いませんか?

 

次は永瀬賞特別賞の林悠先生です。

林先生は筑波大学で睡眠の研究をしています。

何だか親しみやすい研究内容ですよね。

突然ですが、みなさんレム睡眠というのを知っていますか?

一回はきいたことあるとおもいます。

レム睡眠は眠りが浅く、

眼球が高速で運動をしています。

このレム睡眠の役割が長年、人類の謎でした。

この謎を世界で初めて解明したのが

林先生なんです。

世界中の誰もが何となく知っている

「レム睡眠」で

長年謎だったことの第一発見者

日本人であるという事実は

ものすごい衝撃的ではないですか?

林先生もハンパないって!

この二人の先生の特別講義がきけるまたとない機会が

サイエンスセミナーです。

もし少しでも興味が湧いた人は

ぜひ参加してみて下さい!

明日のブロガーは

ヒント①

バスケサークルに所属している

ヒント②

意外と涙もろい??

ヒント③

元サッカー部のマネージャー

です!おたのしみに!