ブログ | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ 

2021年 10月 18日 受験で一番辛かったこと

 

こんにちは。

 

沖田くんが始めてブログ書いた次の日にブログ担当して、当時骨を折っていた成島です。

 

彼、よくそんなこと覚えていますよね。

すごいです。

 

 

はい。

 

皆さんご存知ないこと思いますが、当時、成島骨折していました。

 

3月くらいですね。

 

スノーボードをしたのですが、

山の頂上付近で、

手首をカチンコチンの雪についてしまいまして、

 

 

折れました。

 

 

 

一緒に滑っていた友達は先にいってしまい。

1人取り残されました。

 

辛かったですね。

 

そこから、折れていない左手でスノーボード抱えて、雪山を降りるわけです。

痛いし、寒い。

 

手首はパンパンに膨れ上がっています。

その後も災難あったのですが、長くなりそうなのでここではやめときますね。

 

利き手を折ったので一ヶ月ほど、

 

何をするにも左手でとても不便でしたが、

 

少しばかりは器用になったのではないかと思います。

 

 

 

はい。

 

というわけで、前置きが長くなりましたが、

 

今回も

 

受験で一番つらかったこと

 

をテーマに書きたいと思います。

 

 

多くの担任助手も言っていましたが、

僕も受験期に辛いと感じたことは少なく、

むしろ楽しんでいました。

 

それまで、あまり真剣に勉強を取り組んだことがなかったので、

新しい知識が毎日入ってくるあの感覚は新鮮で楽しかったです。

 

もちろん、苦手科目はありましたが、

嫌いなものはありませんでした。

どの科目にも面白さを見出していたんです。

 

シェイクスピアの言葉に

 

「楽しんでやる苦労は苦痛を癒すものだ。」

 

という言葉があります。

 

辛いと思ってする勉強は長く持ちません。

確かに受験勉強は楽なものではないです。

 

ただ、その中にも、自分なりに楽しさを見出してみてください。

 

上手い具合に楽観的になることも大事です。

 

というように、少し楽観的に考えていたので、

 

とてつもなく辛いことが何回もあったわけではないです。

んが、辛いと思ったことはあります。

 

今回はその中でも一番に辛く、今でも印象に残っていることを書きます。

 

それは、

 

第一志望校を受験しないという決断をした時

 

です。

 

センター試験本番

で目標とする点数に届かず、

第一志望校の判定も厳しいものでした。

 

国立大学の前期は一校にしか出願できないのでとても悩みました。

 

第一志望の大学を受けるのか、別の大学を受けるのか。

第一志望の大学を受けることには大きなリスクがありました。

 

けど、受験すらできないとなると、

これまでの受験勉強は何だったのかと後悔するだろうとも思いました。

 

どの選択肢もリスクが伴います。

また、どちらにせよ、後悔もします。

 

想定される様々なシナリオを考えて、

どちらの選択が後悔の少ないものになるだろうかと考えました。

悩んだ末、第一志望校を諦める選択をしました。

 

受けないなんて選択肢は考えていませんでしたし、

それまでそこを唯一のモチベーションに頑張ってきたので、

喪失感みたいなものは大きかったですね。

 

決断してからすぐに立ち直れたわけではないですが、

最終的には気持ちを切り替えて受験を終えることができました。

 

 

悩んだ末に自分で決めたことなので、

今では全く後悔はないですし、

むしろ満足しています。

 

受験生の皆さんもこれから、

何らかの決断をしなければならないときが来るかもしれませんが、

あれこれ考えて自分で決めたことって案外悔やみとか出てこないもんです。

安直に決めないように!

 

こういった具合で今回のブログはおわりたいと思います。

 

あと、繰り返しですが、

適度に楽観的に!

 

 

明日のブロガーは、

 

熱狂的なマンチェスター・ユナイテッド(サッカーチーム)サポーターも方です!

 

お楽しみに~

 

2021年 10月 17日 受験で一番辛かったこと

受験本番の時期に辛そうにしていた沖田です

今日は受験で辛かったことを書いていくわけなんですが

昨日の藤原さんの紹介

ほぼ結論を書いていますね

受験が進んでいくにつれて

暗くなっていった

と以前笹田にいわれたことがあります

 

事実

僕が受験で一番辛かったのは

受験本番が始まってから

の時期ですね

この話は

以前もしたと思いますが

僕の受験結果は散々な

感じで

毎日のように

不合格通知を

見るといった感じ

でした

第一志望校に不合格になっても

なおも

勉強し続けなくてはならず

ひたすらに

辛かったのを

明確に覚えています

 

 

以前の人も同じようなことを

言っていましたが

僕も

受験勉強で

あまり辛いといった

記憶がありません

受験勉強を通じて

新しいことを

知れるし

新しい

東進コンテンツが

開講されて

実際にやってみるのは

とても楽しかったし

色んな大学の

問題を見るのも

楽しかったです

 

本当に自分が行きたい大学が

あったからこそ

頑張れたのではないのかな

と思っています

 

 

大学生になって

1つの事に

集中するのでは

なく

色々なことを

マルチで

やるようになってきたように

感じます

 

 

受験という

1つの事に

集中して取り組むのも

残り半年弱

しかありません

受験生は

受験が終わったときに

合否に関わらず

今の生活に

本当に

満足が出来ると

胸を張って

言えるような

生活を

送って欲しいな

個人的には

考えています

 

 

 

 

明日のブロガーは

僕が最初にブログを書いた日の

次の日に

ブログを書いた人です

あの時は

骨折してました

 

 


2021年 10月 16日 受験で一番つらかったこと

どうもこんにちは
笑い方に特徴のある八城です
ちなみに自分は寝ているときも寝言でよく笑います

今日のテーマは…
受験で一番つらかったこと
です

うーーん一番つらかったこと…

確かにつらいことはいくつかありましたけど
泣いたり落ち込んだりするレベルで辛いことはあんまりなかったように思います

ということでちょっとつらかったことをいくつか列挙したいと思います

~辛かったことその1~
本屋で意気揚々と赤本を買ったら前年度版だった時

これ、結構あるあるじゃないでしょうか
色違いってやつですね

本屋で「赤本、発売!!!!!」
みたいなポップがあって
あー今年の出たのかと思って買ったら

前年度版だったんですよ
大体、最初に本年度版が出るのは
東大とか早慶の有名な学部とかだけで

他の学部はもっと後なんですね

それを知らず開けてから気づいて2500円の損失に後で気づきました
ちなみに本屋は返品できません…
辛かったなあ…

~辛かったことその2~
共通テストの会場が学校の友達と違ったとき

これもつらかったですね、ハイ…

自分、共テの使い方がちょっと特殊だったので、
学校のみんながほぼ同じ会場で固まってる中

一人だけ全然違う会場で受けなきゃいけなくて
泣きましたね

皆さんも気を付けましょう

~辛かったことその3~
合格発表に自分しかいなかったとき

実は受験校の1つに
合格発表を校内に掲示するところがあって
発表日に見に行ったんですよ

去年はコロナが結構すごくて
どこも掲示発表やってなかったんですけど
自分としてはあのちょっと緊迫しながら
ワイワイした雰囲気にあこがれがあって

結構発表時間直前に行ったんですけど
当然、もう掲示予定の掲示板の周りには大勢集まってる—

と、思いきや

誰もいなくてですね

え?日時間違えた?

思ったんですけど、確認してもあってるんですよね

本当に誰もいなくて
ひたすら寒かったですね

ちなみに時間になったら係の人が紙を貼りに来ましたが
その方も
「え?ひとり?」
みたいな顔をされてましたね


そんなところでしょうか

今回のテーマにそえず申し訳ないのですが
そもそも過度に受験で辛い思いをするのに、自分は少し懐疑的だったりします

というのも、受験生活でめちゃくちゃ辛い時って、
何かが大きく間違ってる時だと思うんです

例えば、数学をいくらやっても点数が伸びなくてつらい!!!
って時って、数学の勉強方法・方針に何か大きな間違いがあると思うし

模試の判定が毎回よくなくて泣くほど辛い!!
って時って、模試の見方に致命的な間違いがあると思うし

もしくは

そもそも受験勉強が辛い!何でこんなに頑張らなきゃいけないの!!
って時って、志望校・志のどこかに大きな欠落があると思うんです

だから、辛い時、落ち込んでる時こそ
その辛さに浸らず、
冷静になって、どこか間違ってるんじゃないか?
と考え、前を向くことが大事だと思うんです

確かに、辛い思いをして、泣きながら歯を食いしばって受験勉強って
美徳ではありますけど
辛い思いなんてしない方がいいに決まってます。

ということで今日はここまでです
ちなみに今日のブログは

自分が木曜にあげてなかった分を
上げちゃうので
本来投稿予定だった藤原さんと
自分の2本立てになっちゃいました

ごめんなさい!!


 

2021年 10月 16日 受験で一番つらかったこと(藤原)

どうもおはこんばんにちは。

最近、髪を切った藤原壮志です。

 

髪を切るとさっぱりして気持ちいですね。

皆さんはどのくらいの頻度で切りに行きますか。

教えてください。

ちなみに僕は2ヶ月に1回くらいです。

 

今日のテーマは最近続いている

 

“受験で一番辛かったこと”

 

ということで、、、

3年前ですが思い出して書いていこうと思います。

 

受験生の皆さん、

今、辛いですか?

という質問に対して

 

Yes / No

どちらで答えますか?

 

実は僕も先日同じブログのテーマで書いていた

門脇くんと一緒で

あまり受験期でつらいな~と思うことが多くなかったです。

 

別に受験期中に成績がぐんぐん伸びたとか

成績がもともと良かったとか

そういうのはなかったのですが、

なぜか辛いと思う機会があまりありませんでした。

 

今思えば、

「いつか成績が伸びるから大丈夫」

という自信があったからだと感じます。

なんかちょっと恥ずかしいですね。

 

でも実際にこの夏から冬の間で

成績が伸びた覚えがあります。

なので今、成績が伸びずに悩んでいる方

このまま頑張り続けてください、

そろそろ成績上がりますから。

 

じゃあ、いつ辛かったですか?

と聞かれたら、自分は

 

“試験本番が始まってから受験が終わるまで”

 

が一番辛かったです。

昨日の高須さんみたいですね。

 

自分の受験本番のスタートは

センター試験からでした。

国立志望だった自分にとってとても重要で

高い点数取らなくちゃという意識で緊張してしまい、

つまづいて一度止まってしまうと頭が真っ白になった

記憶があります。

案の定、センター試験では思い通りいかず

辛かったですね。

次の日は登校日で周りの友達も

思い通り上手くいった人は少なく

立ち直れはしました。

 

しかし、二次試験が始まって

最初の私立大の試験でも緊張して思い通りいきませんでした。

ここも辛かったですが、

この試験が終わってから

「全落ちしても来年また頑張ればいい」

「全落ちしてもそれが自分の実力だ」

と切り替えるようになったことや

親が浪人しても別に構わないと伝えてくれたこともあって

場慣れもあってか、うまくいくようになりました。

 

結構メンタルって大事ですね。

 

自分は受験をいろいろな人に

支えられて乗り越えられました。

 

もし辛いなと思うことがあれば、

気軽に東進のスタッフや親、先生に

声掛けてみてください。

気持ちが軽くなると思いますよ。

 

明日のブロガーは、

 

受験本番の時期に辛そうにしていた

 

あのボーイです。

お楽しみに~


2021年 10月 15日 受験で一番つらかったこと~高須Ver~

 

こんにちは~!!

 

担任助手2年の高須です!

 

 

もうあっという間に肌寒い季節に

なってきましたね~

 

 

一日の寒暖差が大きい

季節でもあるので、

体調を崩さないように

気をつけてくださいね!

 

 

さて、今日は

受験で一番つらかったこと

について話していきます!

 

 

私が一番つらかったこと

というより、時期は、

私大が終わってから国立二次の

勉強をしている期間

が一番つらかったです

 

 

というのも、私大のテストで

自信を失い、勉強に

対するモチベが

ほとんどなかったからです

 

 

私大が全部終わった後、

勉強に身が入らず、

東進に一日いても

ちゃんと実になっていた

時間は半分ぐらいしか

なかったと思います

 

 

担任助手の方々に

声を掛けられていたから、

まだ少しだけ頑張れていたと

思います

 

 

今思い出しても、

本当にあの時期は

辛かったです

 

 

あの時期にもう少し頑張れていたらな

と少し思うときもあるので、

みなさんは辛い時こそ

もうひと踏ん張りしてみてください!

 

 

「頑張る」と口で言うことは

とても簡単です

 

 

受験を経験してきたからこそ、

どれだけ辛い事か

というのも分かります

 

 

私たち担任助手は

いつでもみなさんの

見方です!

 

辛い時は、遠慮なく

頼ってください

 

 

いくらでも力になります!

 

 

一緒に頑張りましょう!

 

 

明日は、

私が辛い時に、

頑張ろう!と

声をかけてくれていた方です!!

 

お楽しみに~!