センターの復習について | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2020年 1月 21日 センターの復習について

 

 

 

 

 

 

こんにちは!担任助手1年の鈴木です。

今日のテーマは

センター試験の復習ということですが

センターの復習って必要なのか…?

ってなるくらい

必要性が低いかなっ個人的に思います。

特に国立勢は、

センターのみの科目は

早急に記憶から抹殺しましょう

今まで5教科7科目もお疲れさま!!

と心から伝えたいです泣

 

そんな感じですが、

解き捨てろってわけではありません。

必ずやって欲しいことは、

自分はどうして間違えたのか

ほんとうにできなかったのか

これを考えることです。

理由を「焦ってしまった」だけで

流してしまうこともよくないし、

「これが自分の実力だ、自分はできない」

と自信を失ってしまうのもよくないです。

ですので、間違えた問題を一つ一つ考えてみましょう。

 

本番一回で判断されてしまう悔しさ

これを味わわなくてはならないのが入試です。

でも、裏を返せば今まで何度模試でE判定出しても、

過去問で合格最低点下回っても、

本番でうまくいけば合格すると考えることもできます。

だから最後まで本当にわからない!!

 

めっちゃどうでもいいかもしれませんが、

私が今通っている大学の入試が終わった後に、

家族のLINEグルに送ったメッセージを紹介します笑

「絶対無理」

「ムズいし」

「他の人めっちゃ頭良さげだし」

「他の人より取れてる自信がない」

こんな感じでした。帰るときも、

「もうここに来ることはない…」

って校舎を見納めしましたが、、、

結局今通ってます、毎日校舎飽きるほど見てます笑

 

何が言いたいかと言いうと、

結局自分の感覚とか見立てなんて外れるし、

当時の自分は「他の人」連発してますが、

自分ができれば合格できると私は思います。

ちなみに…この合格は、

世界史をセンター終わってから総ざらいしたら

やっといろいろ知識が固まって、

本番の問題は「これやったわ、わかる!」

って正解することが出来た成果でした。

過去問ではぜんぜん合格点は達していませんでした。

最後まで知識を増やすことは、本番運を高めます。

知識科目じゃなくても、

演習量で本番運は絶対に変えられるはずです。

最後まで分からないこの大学入試を、

高3の冬を、一緒に乗り越えましょう!

 

さあ今日はここまで、

気持ちあふれてめっちゃ長くなりました笑

最後まで読んで頂きありがとうございます。

明日は、もうすぐ3年生、

虎のKENZOといったらこの人、

竹之内さんのアツいブログをお楽しみに!