地歴千題テストについて | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2019年 12月 6日 地歴千題テストについて

みなさん、こんにちは!

取手校担任助手2年の菅谷です。

 

今日のブログのテーマは昨日に引き続き、地歴千題テストについてです。

 

最終センター試験本番レベル模試を受ける前に、地歴の全範囲を総復習することができます。

 

私も生徒の時に参加しました。

 

私が生徒の時と千題テストのスケジュールや流れが変わっていなければ、

 

隣の席になった生徒と答案を交換して採点することになります。

 

私は日本史が大の苦手で、「やだなぁ~」と思いながら千題テストを受けていたのを覚えています。

 

たまたま私の隣の席になった生徒は日本史が得意だったみたいで、私の答案よりも毎回高い点数でした。

 

それがすごく悔しくて、日本史に費やす時間を増やし、センターの本番まで千題テストで使った問題を何回も解き直しました。

 

千題テストの問題は、穴埋め問題になっているため、センター本番直前に自分の抜け落ちていた箇所を見つけることが出来ると思います。

 

また千題テストは、記述で回答することになります。

 

私は国公立志望で、センター対策に力を注いでいたため記述の対策が全然できていませんでした。

 

頭の中では、「こんな文字なんだよな…」となんとなく思い浮かんだとしても正しく書けなければ意味がありません。

 

この機会に改めて記述の対策も併せていきましょう。

 

明日のブログもお楽しみに!!