早慶上理・難関国公立大模試、全国有名国公私大模試に向けて | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県

東進ハイスクール 取手校 » ブログ » 早慶上理・難関国公立大模試、全国有名国公私大模試に向けて

ブログ

2024年 5月 15日 早慶上理・難関国公立大模試、全国有名国公私大模試に向けて

 

こんにちは

東進に住んでいるらしい森野です

 

いやこれは否定させて

いただきたいですね

 

そして

牧野くんも

私と同じくらい

東進にいるはずです

 

生徒のみなさんは

私や牧野くんより

東進にいる時間が

当たり前に長いと思いますが

担任助手はもちろんのこと

周りの生徒より

少しでも多く

東進で勉強して

毎日担任助手と

会いましょう!笑

 

 

少し私自身の話をします

 

なんと!!!

最近やっと

車の運転免許が取れました~!

去年そして今年の目標にしていた

車の運転免許取得

全部で1年かかりました

 

ほんとにとほほですね…

 

ですが、

問題がひとつ

 

最後に運転したのが

1月ということです

 

4ヶ月も経っていて

運転の仕方なんて

ほぼ覚えていないので

運転が怖いですね

 

 

さて、

今日のテーマは

「早慶上理・難関国公立大模試、全国有名国公私大模試に向けて」

です

 

 

いや~

すごいテーマが長いですよね

私が見てきたなかで

1番長いかもしれません笑

 

 

まぁ簡単に言うと今日は

受験生の皆さんが

今週の日曜日に受ける

記述模試について

お話しします

 

東進の記述模試を受けるのは

初めて!という方も

多いかもしれません

また、

記述レベル模試受けたことある!

という方も

当然いらっしゃると思います

 

どちらの方にも言えることですが、

日曜日に受けてもらう模試は

今までと難易度が

とても異なる

ということです

 

ですが、

難しいと聞いて

不安になることはありません!

 

もちろん今の時点で

高い点数を取ることも

素晴らしいことです

 

ですが、

点数が取れなくても

落ち込む必要は

ありません!

 

模試当日に自己採点して

できなかった問題を

当日中に

復習してください

 

そして

次解いたときにできるように

類題も解いてみてください

 

東進の模試は

試験本番と同じレベルの

問題が出てくるので

私個人的には

今解けなくても

なんら問題ない

 

むしろ

解けないのが

 

当たり前

 

だと思っています

 

 

だって

初めて見たような

傾向を全く知らない

問題に対して

きちんと基礎の力すら

身についていない

丸腰状態の今

 

逆に

解けた方が

おかしいです

 

私が今回伝えたいのは

たとえ点数が取れなくても

また取れても

一喜一憂するな

ということです

 

これは今回の模試に限らず

すべての模試に

言えることですね

 

 

今日のテーマについて

あまり触れていなかったので

触れておくと

私は

記述模試に向けて

模試前日に

なにか特別やらなければいけないことは

ないと思います

 

そして

マーク模試だから記述模試だからと

勉強方法を変える必要は

ないと思います

 

自分に合っていると思う

普段の勉強を引き続き

行なえば良いと思います

 

 

私大志望だから

共テはマークだから

と言って

記述模試は関係ないと

思っているみなさんは

その認識を

直して欲しいです

 

記述模試が解ければ

マーク模試なんてチョロいもんです

だから関係ないと言わず

きちんと模試は受けましょう!

 

定期考査と被っていて

大変な人も

多いと思いますが

頑張ってください!

 

 

今日のブログはこの辺で

 

明日のブロガーは

私とは違い、運転免許を

3.4ヶ月で取ったあの人です

 

お楽しみに~

最後まで読んでいただきありがとうございます