模試前にやっておくべきこと | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2019年 10月 25日 模試前にやっておくべきこと

こんにちは!

取手校担任助手3年の

染野輝です!

 

では、さっそく今日のテーマに

移っていきましょう!

今日のブログのテーマは

「模試前にやっておくべきこと」

 

自分が受験生の時と思い返して

模試前にやっていたことは

大きく3つです!

 

まず1つ目は

「基礎・基本の再確認」

です!

英語でいったら単語や文法、

国語でいったら助動詞や敬語、

数学でいったらいろんな公式、

といった具合に、とにかく

模試の直前は基礎・基本の

見直しをしていました。

ここがしっかりしていないと

応用問題に取り組むことも

できず、結果的に点数が

取れない、となるからです。

 

2つ目は

「前日にしっかり寝る」

です!

普段は帰宅後も少し勉強してから

寝るようにしていたので

日付が超えてから

寝ることが多かったですが

模試前日は必ず11時までには

寝るようにしていました。

模試の時に眠くなって

本来の力を発揮できない、

というのだけは避けたかったので!

 

そして3つ目は

「模試を解くイメトレ」

です!

なんのこっちゃ?って

感じでしょうか?()

自分が特にイメトレ

していたのは

「どうやったらマークミス

しないで済むか」

ということでした!

どれだけ実力を発揮できた

としてもマークミスを

してしまったら元も子も

ありませんよね?

具体的には数学を解くときは

後ろからページをめくっていって

間違った問題を解かないように

しよう!とかです。

(ご存じの方もいるかと思いますが

例えば数学はⅠAだと基本的に

前半にⅠ、後半にⅠAの問題が

あります)

そういった細かいところに

気を配る準備をしておくことで

実力をしっかりと発揮することが

できると自分は信じていました。

実際、自分はマーク模試では

マークミスをしたことが

ありません!

(もちろん本番も)

 

とにかく、模試前にやるべきこと

を簡潔にまとめると

「実力を発揮するための

最善の準備」

ということです!

ぜひ、みなさんも自分なりの

「最善の準備」をした上で

模試に臨んでいただければと

思います。

 

今日のブログはこれまで!

明日のブログもお楽しみに!