いつから受験生としての自覚をもちはじめたか | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2019年 11月 8日 いつから受験生としての自覚をもちはじめたか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!担任助手1年の筱です!

 

 

昨日のヒントは

涙もろくてよく泣いてしまう

とういうことだったんですけれど

 

 

そうです正解です。

 

 

転んだだけでも泣いてしまったり

悔しくて泣いてしまったり

映画で泣いてしまったり

などなど、、

特に動物系の話には弱いです。。

 

 

 受験生のときもよく泣いていたので

先輩担任助手の方にも

たくさん見られていると思います。笑

 

 

 

今日のテーマも引き続き

 

 

“いつから受験生の自覚をもったか”

 

 

です!

 

 

 

高1の春休みのこと

 

 

部活の友達が一気に塾に通い始める

 

と言い出したのです。

 

私はその頃

 

週5日部活をしていて

 

勉強なんてテスト前にしかしたことがなっかたのです。

 

だから受験に対する意識は全くなかったです。

 

でも友達がそういう状況だったので

 

だんだんと焦りを感じてきました。

 

そして高2の5月頃東進に通うことになりました。

 

入った当初は映像授業が楽しいと思い

 

やる気に満ち溢れていましたが

 

私は特に夢もなかった人なので

 

勉強に対するモチベは下がる一方でした。

 

 

そのまま時が過ぎて高2の春休みになり

 

さすがにこのままでいてはだめだと思い

 

受験生としての自覚をやっともち始めました。

 

なので受験生としての自覚をきちんと持ったのは

 

高2の春です。

 

いやー本当に遅かったです。

 

今思うと高2の間に

 

主要三科目である英国数を完璧にしておくべきだった。

 

もっと前からスイッチを入れるべきだったと

 

後悔ばかりです。

 

 

みんなには何回も言っていますが

 

本当に後悔してほしくないです。

 

受験を経験していない分

 

分からないことだらけだと思います。

 

聞かれたことは分かる範囲で全部答えるので

 

なんでも聞いて下さい!

 

 

 

まだいいや

 

と思っているうちに

 

時間はすぎていきます。

 

あなたがやっていないうちに

 

他の受験生は必死に勉強しています

 

 

 

今から本気で取り組んでください。

 

頑張りましょう!

 

 

 

明日のブログは鶴間さん曰くお父さんみたいな人です!笑

 

 

お楽しみに!!