いつから受験生になったか | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2019年 11月 9日 いつから受験生になったか

 

 

 

 

 

 

こんにちは!取手校担任助手の中川です!

お父さんみたいなんて初めて言われましたね笑

嬉しくも悲しくもなく不思議な例えですが、、、

 

さて、今日も引き続き

”いつから受験生としての自覚を持ったか”

というテーマですが

東進では受験生の自覚を
持つことを

「受験生化する」と言っています。

つまり、高3生でも受験生としての自覚がなければ

受験生とは呼べませんし、

逆に、1,2年生でも自覚があって毎日受験に向けて

努力しているならばそれは受験生と呼んでも良い

と、自分は思っています。

 

その意味でタイトルにも書いたように

自分はいつから受験生になったかというと

ズバリ「高3の夏」です!

部活が終わったタイミングですね。

これはとてもとても遅いです!

高3の4月に東進に入学するも部活を言い訳に

だらけた生活を送ってしまっていました。

本当に後悔しかないです、、、

 

だからこそ皆さんにはこうなって欲しくないです。

受験生化は早いに越したことはありません。

 

まずは基礎の基礎から!英単語!

毎日続けていくうちに自覚は芽生えてきます!

 

受験生になるということは辛いですが、

それは今の自分のレベルよりも

高いレベルのことをしているからで、

成長しようとしている証拠です!

本当に頑張ってください!!

 

受験にはフライングもスピード違反もない!

by林 修 先生

 

明日のブログもお楽しみに!