やってて良かった担任助手(中村編) | 東進ハイスクール取手校|茨城県

ブログ

2019年 9月 3日 やってて良かった担任助手(中村編)

 

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは!担任助手1年の中村です!

昨日のヒントで分かりましたか?

①のヒントでわかったかな?

言っていいほど校舎に入ってくるときに

「生徒かと思った笑」っていわれます😤

自分的には身長のせいかなって

思ってたんですけど、

竹之内さんいわく「雰囲気が生徒」らしいです。

さて、夏休みも終わり

本格的に受験本番を意識してくる頃ですね。

受験学年の皆さんは

特にこの夏休み一瞬だった

と感じてると思います。

ですが、自分が去年受験生だった時は

9、10,11月の方が

時間が過ぎるのが早く感じました。

このブログを読んでくれている人の中には

焦っている人もいると思いますが

必要以上に焦らず

「今日はこの問題集をここまでやる」

というようなことを決めてから

勉強してみてください。

さて、きょうのテーマも

「やっててよかった担任助手」ということで、

僕的に担任助手をやっててよかったなと思うことを

書いていきたいと思います。

まず皆さんは担任助手に対してどういうイメージをもっていますか?

僕の生徒時代の担任助手のイメージは

「ずーっとパソコンで何かやってる」

「なんか暇そう」でした笑

いまそういうイメージをもっている人も

少なくないのではないでしょうか。

しかし、実際に担任助手になってみると

そんなことなかったです。

生徒目線ではわからなかった仕事が

たくさんありました。

大変だなと思うときもあります。

その分、普通のアルバイトよりもやりがいや

自分自身の成長を感じること

が出来ると感じます。

特に身につくなと感じているのが

コミュニケーション能力

物事の優先順位を見極める能力です。

僕がこの二つのスペシャリストになった

というわけでは決してないですが

担任助手になりたての時よりは成長したかな

と思います。

あともう一つ、先輩担任助手の存在です。

先輩方は本当にすごいです。

常に周りが見えてるし仕事も早いです。

尊敬できる人が近くにいる環境で働けるのも

担任助手になってよかったなと思う理由ですね。

まだまだ先の話ですが

少しでも担任助手に興味がある人は

思い切ってなっちゃってもいいかもしれません。

そのためにも今は、第一志望合格を目指して

全力で勉強に取り組んでください。

明日は取手校1のパワー系中川さんです!

お楽しみに