ブログ | 東進ハイスクール 取手校 大学受験の予備校・塾|茨城県 - Part 2

ブログ 2021年03月の記事一覧

2021年 3月 26日 担任助手を2年やって感じたこと

こんにちは!

取手校担任助手新3年の染谷です!

とうとう3年になってしまいました!笑

ということでブログの写真も3年生バージョンにしてみました!

個人的な話ですが、

3年生になるといよいよ病院配属があり、実際に病院で働いたりするので、

一層勉強面をがんばりたいと思う所存です。

 

さて!

今日のブログのテーマは

「担任助手を2年やって感じたこと」

ということで、東進として働いて気づいたことを話していこうと思います!

これは1年目の時も感じたことなのですが、

担任助手は頭の良し悪しではなく、指導力が求められる

ということです。

結構新しい担任助手を採用するとき、生徒が

「私頭良くないんで、、、」

「僕良い大学じゃないから、、、」

という言葉をよく聞きます。

一般的な認識として

塾バイト=教える

というものが定着していると思うんですけど、

東進の担任助手は教えることがメインではありません。

生徒を正しい方法で勉強をさせ、合格へ導かせる指導をすることです。

なので、勉強が出来る出来ないは関係なく、

生徒の気持ちを考え、正しい方向に導かせたり、

時に生徒の心を動かす力が求められます。

私は生徒になりたての当時、

生徒を導き切れないことが多々あり、

めちゃくちゃ悩んでいたのを覚えています。

しかし、2年目になってきて

この生徒はどのようなことをするべきか、

どういう点を改善すべきか

などを細かく分析することができるようになり、

自分が考えていることをうまく伝えることができるようになってきました。

今年私は受験生の生徒を持っていたのですが、

私よりずっと頭が良い人だったため、

今まで以上に指導が難しくて苦戦したのですが、

無事志望校に合格して、最後に面談するときに、

「いつも相談に乗ってくれて心強かった」

とか

「受験勉強をしていく中で励みになった」

という声を生徒本人から言ってくれたり、

生徒の保護者の方から電話で直接感謝の言葉をいただいたりしたことが何度かあり、

物凄くうれしかったのを覚えています。

自分が担任助手として成し遂げたいこととして、

「受験を終えたときに感謝される人になりたい」

というのをずっと掲げていたので、

今年は特にそれを達成できたんじゃないかなと思います。

東進の担任助手は

他のアルバイトとは違って

自分で色々考えて仕事をしなければいけないので大変ですが、

それ以上にやりがいがあるので、

今では担任助手でいることを誇りに思っています。

来年度も担任助手を続けるのですが、

来年度もより生徒に寄り添った指導を行い、

生徒を確実に合格に導いて、

最後に感謝されるような存在になれるように精進していきたいなと思います!

 

今日のブログはここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

2021年 3月 25日 自己紹介

 

こんにちは!

新規担任助手になった 門脇 慶 です

江戸川学園取手高校出身で、

春から慶應義塾大学商学部に入学します

中高と硬式テニス部に所属してました

大学ではそこそこガチなテニスサークルに入る予定で

他にもコーヒーのサークルだったり

金融のサークルに入ろうかなと思っています

 

大学で一番したいことは交換留学だったんですが

コロナの影響でどうなるかわかんないので心配ですね

趣味は洋楽聞くことで

受験期はいいリフレッシュになりました。

ゆっくりな感じの曲がすきなので

オススメの曲とかあったら教えて下さい!

 

春休みって受験生はまだ遊んでも大丈夫とか

4月から本気出そうとか思ってる人が多いと思います。

実際受験を終えた身からすると

春休みで勉強できた人は夏休み頃に成績が上がって、

志望校がワンランク上がってるとか偏差値10あがった 

って感じのことが多かったですね

だから今長時間勉強をしておくと夏以降のモチベに繋がりますよ!!

たぶん今勉強してるとねむいなー

とか

勉強し始めるのめんどくさいなー

て思ってると思います

ぼくも高2のときはそうでした

でも13時間くらいの勉強には4,5月には慣れていました

やっぱり春休み(ぼくはコロナ休校)で毎日東進に来て

10時間くらい勉強してたおかげだったとおもいます

 

1月マーチE判定とかでしたが

7月くらいにホントに成績がめっちゃ上がって、

早慶でC.D判定が出てとても嬉しかったです。

友達には成績低い高2に戻ってくれと散々いわれました。

1.勉強時間が増える

2.成績が伸びる

3.モチベが上がる、勉強の質が上がる

勉強時間が増える

 

という最高のサイクルを春休みから始めてほしいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担任助手として僕もがんばるので

皆さんも一緒に頑張りましょう!!

 

 

2021年 3月 23日 担任助手としての一年

どうも、こんにちは!

 

担任助手新二年の関谷です

 

 

 

そろそろ大学生も新学期が始まる頃で

必修以外に何を取ろうか

迷っているところです

 

二年になると

専門科目が多くなり

全部取るわけにもいかないので

かなり悩んでいます

 

対面も増えて来るそうで

なかなか怖いですね・・・

 

 

 

さて、今日のテーマは

「担任助手としての一年を振り返って」

ということで

いつものごとく

真面目くさくなるかもだけど

思ったことをそのまま書いていくので

暖かな目でご覧下さい

 

 

個人的には

この一年は

とても長かったように感じました

pandemicの影響もあるでしょう

 

振り返れば去年の4月

担当の生徒を持ち始めて初っ端

電話での初回面談

からの

「朝礼」「夕礼」

という

異例の行事からスタートしました・・・

 

大学生になったということもあり

生活が急変し

腹が嘆息するあまり

“東進ゼリー生活”が始まっていたりもしました・・・

 

 

自分がこの一年東進に関わってきた中で

特に印象深かったのは

 

担任助手は

いわゆるTutorとは

違うということです

 

 

東進をひっくるめた

塾のアルバイト≒Tutor

というものには

「自分の担当科目を教える」ことが主

という固定観念があったのですが

 

東進はもはや

それがメインどころか

(それは前提という感じで)

 

「生徒を導く」

存在であることに

ふと実感を覚えました

 

これはTutorというよりむしろ

Teacher

(あるいは「導く」→Leader)

だと思います

 

面談や受付を通して

生徒一人ひとりに

たくさん関わって

たくさん向き合って

共に進んでいく

 

まるで、先生と生徒のような関係に見えます

 

他の塾がどうか分かりませんが

学校とは別にこういう場所がある

唯一無二といいますか

「東進“ハイスクール”」と謳うほどのものが

ここにはあると感じました

 

そして、生徒に身近に関わることで

自分にとっての気づきも生まれ

これまでにない充実した一年になったと

素直に言うことができます

 

ここまでたくさんの経験を積むことができて

一年なのに

二年分の成長を遂げたような

気がします

 

凄く恵まれた環境だと思います

だからこそ、今

東進にいるみなさんは

その環境にいること、いられることを

誇りに思ってほしい

 

そして、存分に活用してほしい

 

自信をもって合格するためにも・・・

 

そしてその後、みなさんが

一流のLeaderになるためにも・・・

 

 

 

さて、今日はこの辺で終わります

 

最後まで見てくれてありがたや

 

 

 

さて、次回のブロガーは

ツーブロックがきまっている

あの人です

 

 

最近、自分も地味にこの髪型にしちゃってるんですが

何故か韓流の人に見えるようです

どうすればいいんだ・・・

 

 

はい、次回もお楽しみに!

 

 

 

ではまた!!

2021年 3月 22日 自己紹介

新規担任助手になった

笹田晃平です。

高校は竜ケ崎第一高校で

大学は明治大学農学部農芸化学科に

進学します。

僕は小1からサッカーをしています。

他のスポーツを始めようと

思ったりしたけど

球技はサッカー以外できず

水泳も25mおよげないので

ずっとサッカーしてます。

僕は最近、友達の紹介で

キングダムという漫画に

はまってます!!

その友達に会うたび

ネタバレされるので

ほとんどそのあとの展開が

わかってるけど

それでも面白いので

キングダムが好きな人がいたら

なるべくネタバレしないで

ほしいですが

してもいいので気軽に話しかけて

ください!

ここで勉強の話をすると

僕は数学と生物が得意教科なので

質問してください!

英語は苦手でしたが

今の時期から猛勉強したので

もし苦手の人がいたら

得意な人では気づかない視点から

アドバイス出来るかもしれないので

相談に来てください!

それでは

これからいっしょにがんばりましょう!!

 

 

2021年 3月 21日 担任助手を1年やって感じたこと

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

最近骨が折れました成島です。

 

 

10日ほど前にスノーボードをしてたんですけど、

 

雪がとてつもなく固いところで手をついてしまい、

 

折れました。

腫れました。

 

スノボって怖いですね。

一歩間違えたら大怪我ですもん。

 

 

利き手をやってしまいましたので、

 

絶賛不

 

便な生活強いられ中です。

 

箸を持つのは左。

 

ペンを持つのも左。

 

一年ぶり会った部活の友達とのサッカーもできず、見学。

 

不便なことだらけですが、

 

 

①普段使わない左手を使うことによって脳が活性化されてる気がする

(あくまで私個人の感覚です)

 

 

②話のネタになる

 

この2点が不幸中の幸いといったかんじです。

 

これをきっかに左手をあ

 

る程度使えるようになりたいですね。

 

こういうポジティブシンキング大事です。

 

 

はい。

 

 

 

とういか昨日の沖田君のブログ短すぎやしませんか?

 

自己紹介なのにあの文量はちょっとね。

 

舐めてますね。

 

明日右手で正義の鉄拳をくだしてやりましょうかね。

 

あ、骨折れてるんでした・・・

 

こういう自虐ネタも可能なわけです

 

 

それにしても、沖田君。

 

タイピングの遅さを理由にあれはふざけてますよね。

 

先輩としてブログのあるべき形をお見せしたいと思います。

 

あ、

 

左手でタイピン

 

グしなきゃなので、

 

やっぱり厳しいですかね。

 

すいません。

 

 

っていうつまら

 

ないボケもできるわけです。

 

 

でもまあ、左手で頑張りたいと思います。

 

 

今日のテーマは 

 

 

 

担任助手を1年やってみて感じたこと 

 

 

 

 

です。

 

このブログを機にこの一年間を思い返してみようと思います。

 

感じたこと。

 

①第1志望校合格はやはり難しい

 

これは自分が生徒の時から感じていたことですが、

 

担任助手として東進生の合否を見てきて改めてその難しさを痛感しました。

 

現在は国立後期の発表もほとんど出そろってきましたね。

 

その上で感じたことです。

 

正直、

 

絶対受かるだろうと思っていた生徒でもダメだったというのは何人かいました。

 

どれだけ頑張っていても、絶対受かるとは限らない。

 

本番は1回きりでそこに力を出し切る必要があります。

とても難しいことです。

 

ただ、第1志望校に受かる大前提として「最大限の努力」をする必要があります。

 

勉強していて楽しい、気持ち意いいと感じるレベルではいけません。

 

また、

その「最大限の努力」を継続することも難しい。

 

そのモチベーターとなるのが我々担任助手の仕事であることも感じました。

 

 

 

②合格する生徒にはオーラが出ている

 

この合格は第1志望校合格ではなく、

 

志望校合格のことだと思ってください。

 

つまりは、

その生徒が納得する大学、

 

行きたいと思える大学のことです。

 

志望校に受かる生徒、受からない生徒、

 

なんとなく分かります。

 

受かる生徒にはなんか「オーラ」みたいなものがあるんですよね。

(もちろん例外はいますが)

逆も然り、

落ちる生徒も「落ちるオーラ」出てます。

 

どういう場面でそういったことが分かるかといいますと、

 

「休憩時間の使い方」

 

なんかがそれにあたりますね

(成績とかももちろんおおきな要素ですけど)。

 

 

取手校では受付周りにスペースがありますが、

 

休憩時間中、いつまでもそこでだべっているのか、

 

ご飯を素早く済ませてA教室に戻るのか。

 

こういったことの積み重ねです。

 

受かるオーラがある生徒は何というか隙がないですが、

 

そうでない生徒は隙だらけです。

 

この一年間でそういった生徒を注意しきれなかったことは少し後悔しています。

 

 

はい。

 

とまぁ、まだまだ感じたことはありますが、

 

今回はこの2点にとどめておこうかなと思います。

 

ではまた次回のブログでお会いしましょう。

 

 

それでは皆さん、良い夜を。